お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

女子が胸キュン! 印象の残る「告白」エピソード6選

ファナティック

150415242064_tp_v-1男性として意識していなかった相手からでも、好きだと告白されたら悪い気はしないですよね。付き合うかどうかはさておき、勇気を出してくれることがうれしい「告白」。今回は告白について印象に残っているエピソードを女性たちに聞いてみました。

■告白のタイミングが同じ

・「告白しようと思ってオドオドしてると、相手の方から告白してきたこと」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「同時に『付き合って』と言った。タイミングが合ってびっくりした」(30歳/その他/販売職・サービス系)

彼に告白しようと思ってドキドキしながら、タイミングをうかがっていたら、彼の方も同じことを考えていたようで同時に告白! まるでドラマみたいな話ですね。一生忘れられない告白にちがいないですね。

■緊張感が伝わってきた

・「あっちが緊張しながら、ちゃんと告白してきてくれたとき」(30歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「ほとんど緊張したのを見たことがない彼が、そのときだけ目に見えてわかるくらい緊張してたこと」(31歳/ソフトウェア/その他)

普段はあまり緊張しないタイプだと思っていた男性が緊張する姿。彼のガチガチな様子が自分にも伝わってきて、告白される立場なのに緊張してしまいそうですね。

■告白と同時にプロポーズ

・「付き合ってもいない男性から、いきなり『お嫁さんになってください』と言われたときはびっくりした」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「結婚前提で付き合ってほしいと言われたこと」(30歳/その他/営業職)

ある程度、付き合ってから自然な流れで結婚話が出ることはあっても、告白と同時に結婚を迫られるというのはかなりびっくりですよね。それだけ真剣な気持ちでという彼の決意の表れとも言えそうです。

■夜景のキレイな場所で

・「夜景のキレイな公園で告白されたときは印象に残っている」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「夜景を見ながら」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

ベタかもしれませんが、夜景のキレイな場所での告白はロマンチックで思い出になりそう。雰囲気のある場所に連れて行かれたときには、女性としてもそれなりに期待してしまいそうですね。

■学生時代の甘い思い出

・「中学生の頃、電話で告白されたこと。家の電話が主流だったので、とても照れた覚えがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「放課後の教室での告白」(28歳/医療・福祉/専門職)

大人になってからのお付き合いとは少し違うけれど、学生のころだからこその甘い告白の思い出があるという女性も。お互いに初々しい学生時代の告白は記憶の中でいい思い出として残りそうですね。

■指輪を添えて

・「指輪と一緒に告白されたこと」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「言葉なしで指輪を渡された」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

まるでプロポーズのように指輪と一緒に告白されたことがあるという女性も。指輪を準備してあるというのは、いい加減な気持ちや勢いでの告白ではないということがしっかりと伝わってきそうですね。

■まとめ

自分から告白するにしても彼から告白されるにしても、ドキドキする気持ちは同じ。真剣な表情で「付き合ってほしい」と言われたら、その気がなくても、つい気持ちが揺れてしまうということもありそうですね。告白がないまま付き合い始めるカップルもいるけれど、やはりけじめとしては必要という人も少なくない告白。どうせなら印象的で思い出に残る一瞬にしたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数134件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]