お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子がうらやむ! 「友だちの彼女」5選

ファナティック

8213309bd56eccd8ed0fdefb0ffe6fad_s「彼女」という立場で、彼氏の友だちに紹介されるとき、「どう思われるんだろう」と不安になった経験はありませんか? 大好きな彼氏の友だちですから、できれば、好印象を残したいところ。そこで今回は、男性たちが「うらやましいな」と思った「友だちの彼女」の特徴について徹底調査! 赤裸々な本音をこっそり教えていただきました。

■スタイル抜群

・「スタイルが自分の彼女よりも抜群だと思ったときです」(23歳/その他/その他)

・「グラマーな感じでスタイルのいい女性」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

顔よりも、より男性の本能に訴えかけるのが、女性のスタイルだと言えそう。自分が付き合いたいかどうかは別として、オスとしての本能がこんな気持ちにさせるのかもしれませんね。

■明るい人

・「よく笑い、いるだけで楽しんでいる人。愚痴をこぼすが、その愚痴に対して解決策を自分でちゃんと持っている人」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「周囲を和ませることができる彼女」(39歳/その他/その他)

明るい性格で一緒にいて楽しい人となら、きっと二人の交際もポジティブなものになるはずです。二人で笑い合う様子はとても微笑ましいもの。男友だちに対して「良かったなぁ」と思うと共に、ほんの少し嫉妬の感情も芽生えてしまうのでしょう。

■デキる人

・「仕事で結果を出している」(34歳/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)

仕事ができそうな雰囲気や経済力の高さを重視する男性もいるようです。誰が見てもわかる、大人の女性としての洗練された雰囲気はかけがえのないもの。彼氏にとっても自慢の彼女になれそうですね。

■料理上手

・「料理が上手でお店みたいな料理を出されたときそう感じた」(36歳/その他/クリエイティブ職)

・「料理がめちゃ上手」(32歳/その他/その他)

こちらは女性の、「仕事力」ではなく「家事力」を認める意見です。男性のハートをつかみたいときには、まず胃袋を……なんて言葉があるとおり、胃袋までゲットできるのかもしれません。

■彼氏をたてる人

・「自分と一緒にいるときに相手の彼氏のことをちゃんと立ててくれる人」(38歳/その他/その他)

・「気遣いができて、友だちのことをとても立ててくれているところがステキだと感じた」(39歳/商社・卸/営業職)

・「相手を立てる人だったとき。自分の彼女と比較してしまった」(34歳/情報・IT/営業職)

「私は特別美人じゃないし、できることも少ないし……」なんてときには、一歩下がって彼氏を立てる彼女でいるのも一つの方法です。彼氏のことを常に思いやる彼女の様子は、男友だちの胸に刺さるのでしょう。きっと「ステキな彼女」の称号を得られるはずですよ。

■まとめ

彼氏の男友だちにも、できれば好印象を抱いてもらいたい! というときには、ぜひ男性たちの意見も参考にしてみてください。男友だちから「ステキな彼女」と思われたら、思わぬところで自分の味方になってくれる可能性も……!? 一歩踏み出せない彼氏の背中を押してくれる存在になるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数207件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]