お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

元彼から連絡が来る理由は? 男と女でちがう、元恋人への本音と対処法

織田隼人(心理コーディネーター)

連絡をしてくる元彼への上手な対処法とは

過去の男が連絡してきた場合、女性はどう対応したらいいのでしょうか。

引き続き、織田さんに上手な元彼への対処法を聞いてみました。

【状況別】連絡してくる元彼への上手な対応

昔付き合った男性や好きだった男性から連絡が来た場合、まずは自分がどうしたいのかを考えてみましょう。

ヨリを戻して付き合いたいのか、もうどうでもいい存在だからそっとしておいてほしいのか。それとも、どう対処すればいいか迷っているのか……。

方針を決めれば、やることが自然と見えてきます。

自分の人生は明るい未来を作るためにあるものです!

自分にとって明るい未来とは、ヨリを戻すことなのか、それともヨリを戻さないことなのかをしっかり考えてみましょう。

それぞれの対応をお話しします。

【ヨリを戻したい場合】じっくり慎重に進める

ヨリを戻したい場合には「じっくり進める」ことがオススメです。

お互いにある程度未練を抱えたまま会うと、急に気持ちが盛り上がって抱き合い、そして……となりやすいからです。

しかし、別れた理由がしっかりと改善されていなければ、同じことを繰り返したり、その場限りの関係となってしまうことも多いもの。

別れた理由やダメになった理由をお互いに改善するまでは、盛り上がりすぎないようにじっくりと様子を見るように心がけましょう。

そのためには、自分自身の成長も必要ですし、相手の男性の成長も必要です。

また、男性としては「なんとなく連絡してみた」という場合も多いので、張り切りすぎずに「楽しく会話する」ことを心がけましょう。

楽しい会話であれば長続きするので、じっくりと関係を戻すことにつながります。

【復縁はありえない場合】無視する

この場合は、すっぱりと関係を切り捨てたほうが楽なことが多いです。

LINEなどのメッセージは無視して大丈夫です。

連絡を取り合うと元彼の自信を取り戻すためとか、失恋の傷を癒すためとか、なんとなくこちらの日常を話すとか、あまり意味のないことに時間がとられてしまいます。

自分の大事な時間は自分のためにあるのですから、変に相手に希望を持たせるよりも何もなかったと思って自分の時間を楽しみましょう。

【迷っている場合】連絡を取るがすぐには会わない

元彼との関係性に迷っている場合には、連絡を取りましょう。会うこと自体は先延ばししても大丈夫です。

迷っている状態は、好きな気持ちは残っているけれど、別れた原因や相手の問題点、そして自分の問題点が改善されていない場合が多いです。

LINEなどで連絡を取り合いながら、たまに通話しつつ、気持ちが復活しそうなら会えばよいでしょうし、「やっぱりダメかな」と思えば、返事をすることをやめてフェードアウトすればOKです。

【しつこくて困っている場合】「迷惑です」とシャットダウン

一番いいのが連絡をしないこと。「迷惑です」と短い返事をして、その後連絡を取らないようにすることです。

コミュニケーションは双方向のやりとりなので、例え拒絶であっても返事を返すとコミュニケーションとして成立します。

コミュニケーションを成立させなければ、しつこい連絡は減ってきますので、返事をしないことが一番よいのです。

元彼から連絡がきて自分がどう思うかをまずは見極めよう

元恋人からの連絡は、ヨリを戻したい場合にはチャンスになりますし、悪いことばかりではありません。

たとえ、今まだ彼の気持ちが復縁に向かっていないとしても、嫌われている状態ではなくなんとなく興味を持たれている状態になるので、「恋愛の種」は育ってきていると考えていいでしょう。

逆に、元彼からの連絡が迷惑な場合には、きっぱりと切って無視して、連絡を取り合う時間をほかのことに費やすほうがよいでしょう。

何より大事なのは「これが復縁のチャンスであるのか、それとも迷惑なのか」を自分の中で決めてしまうことです。

自分の人生は、自分のためにあるので、「連絡を取り合うことが幸せにつながるのか」をしっかり考えて行動を決めてみてください。

次ページ:「元彼からの連絡」はよくある話

SHARE