お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女として見られない原因~妻になっても女として見てもらう方法~

ファナティック

01

好きな男性ができたときに、女として見られないと言われたらショックですよね。中には付き合っているときは女として見られたのに、結婚したら見られなくなったということもあるようです。男性にとって、女として見られるかどうかは何で決まるのでしょうか。ずっと女として見てもらうためにはどうすればよいか、調査しました。

(1)女として見られない女性の特徴

02

男性は、女性に対して女として見るかどうかをどのようなポイントで判断しているのでしょうか。女として見られる女性とそうでない女性との違いを聞いてみました。

Q.女として見られない女性の特徴は何ですか?

①下品な人

・「あまりにも下品な言動が目立つ人」(男性/29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「ガサツで下品な人は女性として見られない」(男性/34歳/その他/経営・コンサルタント系)
・「立ち振る舞いが下品で言動も下品な女性」(男性/38歳/その他/その他)

下品でガサツな印象を受ける女性は、恋愛対象としてはおろか、女として見ることができないようです。男友達のような扱いをされてしまうこともありそうですね。

②男っぽい言葉遣い

・「言葉遣い、男性のような言葉遣いを聞くと異性に思えない」(男性/35歳/その他/その他)
・「言葉遣い。仕草、見た目が男っぽい」(男性/31歳/金属・鉄鋼・化学/販売職・サービス系)
・「ガサツで言葉が男っぽい人はあまり女性らしさを感じない」(男性/38歳/その他/その他)

男っぽい印象を受ける言葉遣いの女性も、女としては見られないようです。そうした言葉遣いからはガサツな印象を持ちますし、女性らしさも感じられませんよね。

③身だしなみがおろそか

・「身だしなみが整ってないことが多いと思う」(男性/36歳/小売店/営業職)
・「身だしなみなど明らかに外見の手入れをおろそかにしている場合」(男性/29歳/運輸・倉庫/その他)
・「身だしなみや態度がだらしないとき」(男性/37歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

女性らしい身だしなみをしていない人や、お手入れ不足を感じさせるような外見の女性は、女として見られないという男性も多いようです。見た目を気にしない女性は、女を捨てていると感じてられしまうかもしれません。

男性が女性に対して女として見られないケースでは、女性側が女を捨ててしまっているような行動をとっていることが多いようです。身だしなみひとつを取ってもそうですし、言動や言葉遣いから感じることも多いようです。

Q.女として見られる女性の特徴は何ですか?

では、逆に女として見られる女性の特徴には、どのようなことが挙げられるのでしょうか。男性に聞いてみました。

①女性らしい服装

・「女性らしいファッション、髪型など」(男性/37歳/運輸・倉庫/技術職)
・「スカートなど女性らしい服装を好む」(男性/26歳/小売店/その他)
・「女性らしい格好をしている、気配りなどがある」(男性/33歳/建設・土木/技術職)

女性であることをしっかりと意識したファッションをしていると、女として見られるそうです。スカートに限らず、たとえパンツであっても、女性らしくあろうとしているかどうかがポイントになりそうです。

②女性らしい立ち振る舞い

・「行動や言動にかわいらしさが見られる」(男性/38歳/情報・IT/技術職)
・「立ち振る舞いの女性らしさが必要」(男性/31歳/その他/営業職)
・「女性らしい振る舞い、言葉、服装」(男性/26歳/その他/その他)

女性ならではの言動や立ち振る舞いなどがあるかどうかも、女として見られる女性の特徴のひとつのようです。やわらかな言葉遣いや落ち着いた雰囲気、所作などがそれに当たるのではないでしょうか。

③細やかな気配り

・「優しくて気配りができるといいなと思う」(男性/36歳/医療・福祉/専門職)
・「さりげない気配りや、空気を読んで発言できる女性」(男性/24歳/電機/技術職)

細かいことにも目が行き届き、気配りができるのも女性ならではの特徴ですよね。こうした気配りができる女性は、やはり女として見てもらえるのではないでしょうか。

女として見られる女性の特徴としては、女性らしいファッションや立ち振る舞いなど、女性らしい見た目を意識しているかどうかが挙げられました。また、細やかな気遣いなど女性ならではの配慮も関係があるようです。

(2)女として見てもらう方法

お役立ち情報[PR]