お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【退職】職場へのお礼の仕方~喜ばれるギフトは?~

三上ナナエ(マナー講師)

転職や結婚、妊娠出産などで退職になった場合、お世話になった職場には何かお礼をしたいと思いますよね。実際どのように職場へはお礼をしたらいいのでしょうか? 社会人として、マナー違反は避けたいところです。マナー講師の三上ナナエさんに「退職のお礼」について詳しく教えてもらいました。

退職時のお礼のマナー

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉は、退職時を象徴する言葉としても聞いたことがあるでしょう。水鳥が水辺をキレイにして飛び立ったことから「すごした場所、また立ち寄った場所は、キレイな状態にして去ろう」という意味で使われています。

退職の際は今までお世話になった方々へ感謝の気持ちを伝える大事な場面です。社内の人はもちろん、取引先にもご挨拶、後任の紹介などをしっかりしていくことが大切です。

言葉のお礼は当たり前ではありますが、形としての「もの」も感謝の気持ちを表すことに適しています。「もの」を渡すことは必須ではなく、渡したい気持ちが元になることが大切です。ただせっかく用意した「もの」も印象が悪くならないもの、タイミングをまちがわずスムーズに渡すことが大事です。

お礼の品を選ぶ考え方

性別や年齢を問わず使えるもの、好き嫌いが分かれないもの、できれば「消えもの」と言われるものが無難です。

配るタイミング

配るタイミングは最終出社日です。休憩時間や終業時間少し前に感謝の気持ちを添えながら手渡しするのが理想です。全体に挨拶をさせてもらえる機会を設けてもらえる場合はその挨拶のあとのほうがいいでしょう。

次ページ:退職時のお礼の伝え方

SHARE