お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

足のくさい人が、居酒屋で「こっそりしていること」6つ

ファナティック

足のニオイにコンプレックスがある人にとって、お座敷の居酒屋は非常にハードルが高いものですよね……。もし、自分のニオイで周囲を不快にさせてしまったら、と思うと気が気ではないはず。今回、そんな足のニオイに悩んでいる人たちが居酒屋へ行く際に、こっそりとやっていることを女性たちに考察してもらいました。

af9920043976m

靴下、タイツを取り変える!

・「替えの靴下やストッキングを持っている。こっそり替えている」(30歳/その他/その他)

・「靴下をはき替える。旦那がそうだから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

靴を脱ぐときに、蒸れた靴下やタイツを取り換えれば、ニオイの防止にはなるはずです。特に、一日中歩きまわったあとなどは、すぐにはき替えたほうがいいでしょうね。

消臭スプレー

・「皆が靴を脱いだあと、消臭スプレーをかけている。気遣いがあってよいと思う」(34歳/その他/その他)

・「消臭スプレーをかける」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

足に直接消臭スプレーを掛けるだけではなく、靴にも振りかけておけば安心できるはず。また、普段から靴をはいたあとは消臭スプレーと乾燥させることを心掛けると、ニオイの防止に繋がります。

足を隠す!

・「足を座布団の下に入れている」(32歳/通信/その他)

・「ずっと正座をして足を隠す」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

できるだけニオイを漂わせないためには、足の露出を減らすのも手。座布団の下にしっかり隠したり、あまり動かないようにすれば、気になるニオイも拡散されないかもしれませんね。

トイレで……

・「トイレ行って制汗剤を塗る」(23歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「トイレで消臭クリームを塗る?」(31歳/その他/クリエイティブ職)

靴を脱ぐ場所でさっと対応できないのなら座敷へ上がる前に「ちょっとトイレへ……」と言ってさりげなく抜け出すのもいいでしょう。トイレでなら、安心してニオイのケアができます。

靴下を重ねばき!

・「靴下でニオイを密封」(27歳/その他/その他)

・「靴下をはく」(32歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

脱ぎづらい靴下やタイツをはいているのなら、その上からさらに靴下を重ねはきするテクニックもありますね。とりあえず、蒸れている部分は露出されませんし、ニオイを密閉できるかも。

できるだけ座敷に上がらない!

・「靴を脱がないようにテーブル席かカウンターを選ぶ。脱ぐとなおさらくさい」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

もし、座敷以外の選択肢があるのなら、そこはもう迷わず、靴を脱がないで済む席を選ぶべきでしょうね。無駄な緊張感を抱かないで済むはずです。

まとめ

足の独特なニオイは、感じ取った人に、非常に大きな不快感を与えかねないもの。だからこそ、靴を脱がないとならない場面では、周囲への気遣いが必要不可欠。もし、少しでも「私もニオっているかも……」という不安があるのなら、ケアグッズを常に準備しておきましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月22日~2016年12月23日
調査人数:358人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2017年01月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE