お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

夫婦でも「秘密にしておいたほうがいいこと」6選

ファナティック

af9940096324w

夫婦とはいえ元は他人。何でもかんでも自分のプライベートをあけすけに話してしまうと、問題が出てくるケースもありそうですよね。そこで「夫婦でも秘密にしておいたほうがいいと思うこと」を既婚の女性たちに聞いてみました。

家族の「負の要素」はあからさまにしないほうがいい

・「相手の家族に対して思っている負の部分は言わないほうがいいと思う」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「あまりないけど、自分の親が言っていた旦那の愚痴。場合によるが黙ってたほうがいいかなと思う」(32歳/その他/その他)

家族として注意しなければならない負の要素は別として、うっかり出てしまう負の要素なら受け流したほうがいい場合も。そこを追及すると、どんな問題に発展するか分かりません。

買い物の詳細は秘密でいい

・「買い物をして、何を買ったとかは秘密にしてもいいかと思います。化粧品が高いとかは男の人は理解がないので」(32歳/その他/その他)

・「私の化粧品や洋服などは小遣いではなく家計から出ていること」(32歳/医療・福祉/専門職)

極端な無駄遣いなら話は別ですが、毎日必要で少しお金のかかる物を買うときは秘密でいいという意見も。女性用の品は何かとお金がかかり、全部暴露したらケンカの原因に?

へそくりのことは言ってはいけない

・「へそくりの貯金高。自分のために使えるお金は相手に知られてはいけないと思う」(34歳/その他/その他)

・「お互いの貯金金額。それを知ってしまったら、お互いを頼ってしまいたい気持ちが出るので」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

夫婦とはいえ秘密にしておいたほうがいいのは、やっぱり「へそくり」のことですよね。この在りかと金額を知られたら、家族とはいえ紛争が始まりそうです。

過去の悪事や日々の細かい悪事は報告しなくていい

・「過去の悪事。笑い話にできるならいいけど、そうでないなら秘密のほうがいいと思う」(29歳/その他/その他)

・「それ以上発展するわけではないほんの一過性で純粋な浮気心など」(33歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

それが家族に悪影響を及ぼすなら別ですが、過ぎ去った過去の悪事や日々のちょっとした悪事は報告しなくていいという意見も。こんな報告ももめ事の種にしかならない?

過去の恋愛話は詳しく話さなくていい

・「過去の恋愛話や、それにまつわる思い出の場所の話は秘密にしておいたほうがいいです」(34歳/その他/その他)

・「結婚前に付き合っていた人のことや一緒に行った場所、観た物などは詳しく話さないほうがいいと思います」(30歳/その他/その他)

家族で行った旅行先が、元カレとよく行った場所だった……なんて出来事も結婚したらたくさん出てきそうですよね。いちいち報告していたら、夫婦のいい思い出が作れません。

お互いの文句は全部言わないこと

・「お互いの文句は色々あるだろうけれど、全部は言わないほうがよい」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ママ友たちの会話の中での、旦那の不満」(34歳/その他/その他)

一緒にいると山のように言いたいことが出てきますが、全部言ってしまったら夫婦の関係性にヒビが!? 文句は小出しにするのが夫婦円満のコツかもしれませんね。

たとえ一緒になったとしても、打ち明けないほうがいいのが上記のような秘密の数々。「夫婦間では隠し事なし」がベストとはいえ、これを全部言ってしまったら先がどうなるかは分からないですよね。親しき仲にも「秘密はあり」かも!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年11月にWebアンケート。有効回答数212件。25歳~39歳の既婚の社会人女性)

※この記事は2017年01月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE