お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

そうだったのか!! さっさと結婚する人の共通点・5つ

ファナティック

af0100013766w2-400x265

まだ若いうちに結婚する人もいれば晩婚の人もいますよね。では、さっさと結婚してしまう人に共通することとはなんでしょうか? 女性たちの考えを聞いてみました!

将来設計がしっかりしている

・「人生設計をしっかりやっていて計画通りに成長している人だと思う」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「タイミングや、自分の出産可能年齢など、将来のことをキチンとイメージしている」(33歳/生保・損保/専門職)

いつまでに結婚して、いつまでに子どもを産んで……など、人生設計がしっかりしている人は、自然なタイミングで結婚していそうですよね。「今が楽しければいいや」と思っていると、結婚のタイミングを逃してしまうのかも?

結婚を意識した付き合いをしている

・「前から結婚願望があって、付き合う=結婚という風に考えている人」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「若いうちから結婚を意識して相手を選んでいる。結婚を意識してるから、ちゃんとした相手を選ぶから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

若い頃から結婚願望があり、結婚を意識して付き合う相手を選んでいれば、結婚までの道のりが近そうですね。そういう人は付き合う前にきちんと相手のことをチェックするので、失敗することも少ないのではないでしょうか。

現実を見て妥協している

・「高望みはしないで自分に合う人と結婚してる」(28歳/金融・証券/営業職)

・「そんなに高い理想も持たずそこそこで妥協してる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

よく「女性が結婚できない理由」として挙げられるのが、理想が高いということ。その理想をある程度まで下げて妥協した人は、妥協しない人よりも結婚するのが早そうです。でも「妥協する」ということは、簡単そうに見えて意外と難しいですよね……。

縁を大切にしている

・「そのときに付き合っている彼氏を大切にしている」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「出会いを1つ1つ大切にしていろいろ参加している」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

結婚するには「縁」も大事ですよね。そのときに付き合っている彼氏や出会いを大切にすることで、結婚のチャンスが巡ってきそうです。彼氏がいるのに目移りしたり、合コンで新しい出会いを求めすぎたりという行動は、逆効果かもしれませんね。

決断力がある

・「ご縁があった。結婚の決断ができた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「決断力がある。相手のダメなところを見つけても、それよりいい部分を見つけて、結婚を決めていそう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

結婚を考えるタイミングは人それぞれだと思いますが、考えるだけではなく「この人と結婚する!」という決断力がないと、結婚はできないですよね。相手のダメなところを見て別れるのではなく、もっといいところに目を向けるのが重要なのかもしれません。

まとめ

適齢期で結婚できた人に共通することとして、5つのポイントが挙げられました。人生の早い段階で「結婚」について考え、その考えに沿って行動することが大事なようです。適齢期で結婚するには「いつかは結婚したい」という漠然としたイメージではなく「○歳までに結婚する!」という決意を固めることが、最初の一歩となりそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月9日~12月20日
調査人数:90人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2017年01月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE