お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚前に絶対に話し合っておいたほうがいいこと・6つ

ファナティック

af0100003429w

結婚生活に入る前に必要なのが、夫婦間でのルールの取り決めと価値観の共有。この2つを事前にやっておかないと、色々と後で問題が起こりそうですよね。そこで社会人男性に結婚前に「これだけは話し合っておきたい!」と思うことを尋ねてみました。

生活費とお互いの資金をどうするか

・「生活費など、いわゆる『サイフ』をどうするのかや、財産、お金に関すること。お金に関することはこれから生活していくことに重要なので」(31歳/情報・IT/技術職)

・「結婚前の資産はお互い自分のものであり、自由に使えること。使えなければ、それまでの努力が消えたように感じてしまう」(33歳/その他/その他)

結婚後に心配なのがお金の問題。夫婦でひとつの財布を共有するのか、それとも家庭の運営に必要な資金をそれぞれ出し合うのか、ここはハッキリしておきたい!

子育て・子作り計画をどうするか

・「子育てについて。子どもに英語を習わせるかどうかで喧嘩になったことがある」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「子どもを何人作るかどうか。経済状況によってリミットがあるから」(29歳/情報・IT/その他)

ここも夫婦で意見が食い違うと、後々モメにモメやすい問題。事前に話し合って二人でビジョンを描いておけば、スムーズに計画が進みそうですよね。

家事と仕事の役割分担は決めておきたい

・「まずは彼女が仕事を辞めるか続けるかでしょうね。相手次第だけど、俺は続けてほしい。3食昼寝つきの生活をしてると、どんな女でも感覚が鈍くなってくるでしょ」(33歳/その他/事務系専門職)

・「家事等役割分担。共働きするかどうか」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

一昔前は男性は仕事、女性は家事の役割分担が主流でしたが、今は共働きも多く男女での役割分担が逆転しているケースもありますよね。これも決めておくと安心です。

借金癖と浮気癖がないか最終チェック

・「浮気を絶対にしないこと。異性と一生死ぬまで付き添うことができるなら考えてもいい」(28歳/農林・水産/営業職)

・「借金と浮気癖がないかということ。後になってわかるのは対等な関係とは言えない」(27歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

借金癖と浮気癖も、後から判明すると大変な事態に……。結婚する前に最終確認として、この2つがないかどうかだけはハッキリしておきたいもの。

お互いの価値観を最終チェックしておきたい

・「お互いの価値観の認識と譲歩。これは最重要だから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「お互い、自分の部屋は持つこと。自分は一人の時間がないと窮屈に感じてしまうから」(32歳/情報・IT/技術職)

離婚の原因としてよく耳にするのが「夫婦それぞれの価値観の違い」ですよね。この違いも最初に知るか、後で知るかで結婚に対する心構えがずいぶん変わりそう。

生活設計はしっかり立てておきたい

・「今後の生活設計。急に変化するのは無理だから」(25歳/その他/クリエイティブ職)

・「持病とか性格とか習慣とか生活スタイルとか」(34歳/情報・IT/技術職)

また小さな問題でありながら、結婚後に大きな問題になりやすいのが生活観の違いですよね。ここも理解し合っておかないと、後々大きなストレスに悩まされそう?

結婚生活は夫婦二人で作り上げていくもの。小さな問題でも事前に話し合っておけば、後々出てくる諸問題も二人で向き合い解決していけそうですよね。ぜひ結婚が決まったら、女性も上記意見を参考に二人で新生活について話し合ってみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人男性)

※この記事は2017年01月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE