お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

妻が「夫にされたくないスキンシップ」4つ

ファナティック

af9920075117w

夫婦仲よくいるにはスキンシップが大事、とよく言うけれど、ずっと一緒にいるからこそ「触れたくない時間」だってきっとあるはず。そこで「夫婦でもあまりされたくないスキンシップ」について既婚女性たちに聞いてみました。

家事をしているときのスキンシップは正直うざい!

・「家事をしているときに胸を触ってくること。正直うざいし、邪魔だから」(31歳/その他/その他)

・「家事が終わらないので洗い物や洗濯中のちょっかい。私自身くすぐりが苦手なので」(27歳/その他/その他)

めんどうだからこそチャッチャと終わらせたいのに、夫が甘えてくると正直家事のスピードが落ちて困ってしまいますよね。どうせやるなら手伝いながら甘えてほしい!?

お風呂のスキンシップは結婚しても慣れない

・「自分はお風呂上がりのときに、お風呂に入ってない状態で触れられたくない」(34歳/その他/その他)

・「お風呂をのぞかれること。いろんな処理をしていたりするので。あと明るいところで裸を見られるのも恥ずかしい」(26歳/医療・福祉/専門職)

恋人時代から二人でお風呂に入っていたなら別ですが、そうでないとやっぱり慣れないのがお風呂でのスキンシップ。夫婦とはいえプライベートな時間・空間は必要です。

子どもの前でベタベタすること

・「人前でベタベタする。うちはしませんが、子どもがいてそーゆー方を見るとイタイなって思います」(28歳/その他/その他)

・「子どもがいるまえでスキンシップ。子どもが外で話すと困る」(30歳/その他/その他)

両親が仲よしなのは子どもにとってはうれしいこと。ただ必要以上にベタベタすると、ママ友にその情報が筒抜けになったりと後々困った問題が出てくることも……。

何かに集中しているときは邪魔しないでほしい

・「自分の時間も大事なので、仕事してたりするときは気が散るので触れないでほしい」(28歳/その他/その他)

・「集中しているときはほっといてほしいくらいですかね」(28歳/その他/その他)

集中しているときに横やりを入れられるのも、やっぱりイラッとしてしまいますよね。ずっと一緒にいるからこそ、スキンシップしていいときかどうかは見極めてほしい!

夫婦がずっと仲よくいるためにはスキンシップは重要。ただし、それがいつでもどこでもとなると夫婦仲が悪くなる原因に。妻が何をしていて、どんなことを夫に求めているのかは、スキンシップしようとするときこそ読み取ってほしい……ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年11月にWebアンケート。有効回答数212件。25歳~39歳の既婚の社会人女性)

※この記事は2017年01月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE