お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

一生大事にしてぇ! 「男心をわかってる女性」が絶対にしないこと6つ

ファナティック

すてきな彼氏をゲットするため、そして末永く幸せな恋をしていくため、女性にとって大切なのは「男心」を理解することです。これができている女性は、ごく自然に男性から大切にされていることも多いですよね。では男心を理解するうえで、絶対にやってはいけない行動はどんなこと? 「男心をわかっている女性」が絶対にしないと思うことについて、男性意見を聞いてみました。

af9940089675w

(1)プライドを傷つけない

・「プライドを傷つけるような行動や発言」(37歳/食品・飲料/技術職)

・「自尊心を傷つけること」(38歳/建設・土木/技術職)

男性にとってプライドとは、非常に重要なもの。女性にとっては「正直、意味がわからない!」なんてこともあるかと思いますが、「相手の大事なものは、同様に守ってあげる」という意識でいると、男心に寄り添うことができそう。こんな女性はきっとモテるはずです。

(2)出しゃばらない

・「出しゃばらない。男は立ててもらうことがうれしいことを知っているから」(34歳/商社・卸/営業職)

・「男性を差し置いて出しゃばる、人前で男を立てない」(36歳/人材派遣・人材紹介/その他)

男女平等に活躍する時代ですが、まだまだ「女性に自分を立ててほしい!」と願う男性は少なくありません。特に人前では、一歩下がって、相手のサポート役に徹する器用さも求められるようです。出しゃばりな女性はあまり好かれないのかも!?

(3)男性の世界に口出ししない

・「男同士の付き合いに口出ししない」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「アニメ、ゲーム、鉄道といった男が主な趣味を容認し、否定しない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

男性には男性の世界があり、お付き合いがあるのでしょう。男女ともに相手を尊重し、受け入れることができれば、より幸せな恋愛ができるのかもしれませんね。男性は何よりも、口出しされることを嫌うはずです。

(4)比較しない

・「元カレと比較するような発言。男の独占欲をわかっている女性は比較するような言葉を言わない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「昔付き合っていた人も含めて彼氏の話をしない、比較することもない」(34歳/ソフトウェア/技術職)

特に恋愛において、元カレと比較されるのは非常に不愉快なものです。言葉にしないだけでなく、「あ、今比較されているな」なんて思わせないためのテクニックも必要。いつだって「ほかの男性は眼中にない!」といった姿勢を見せることができれば、最高の女性に思われるでしょう。

(5)イヤがる話をしない

・「オチのないグチを延々とする。これをされてうれしい男はいないと思う」(39歳/その他/クリエイティブ職)

・「口論になったときに昔の話を持ち出す」(30歳/商社・卸/販売職・サービス系)

男性と女性では、会話の楽しみ方にちがいがあるもの。「自分の話を聞いてほしい!」と思うだけではなく、「相手がどう思うのか」を意識することも重要ですよね。まずは「男性がイヤがる話」について、しっかりと頭に入れておくのがオススメですよ。

(6)いちいち突っかからない

・「男がつくしょうもないウソ(寝ていたのに寝ていないというなど)にいちいち突っ込まない」(35歳/機械・精密機器/技術職)

・「突っ張った態度を見せたとき、それを真に受けないことかな。それを理解してくれると最高ですね。真に受けられると困る」(34歳/その他/事務系専門職)

「つまらない嘘をつかれるのがイヤ」と思う女性は多いことと思いますが、男性的には「つまらない嘘くらい流してほしい」というのが本音のようです。流してもいい嘘なのかどうか、瞬時に見分ける能力が必要だと言えるでしょう。ささいなことに突っかかっていては、衝突がすぐに生まれてしまいます。

<まとめ>

どれもこれも、女性にとっては正直ハードルが高い行動ばかり……!? しかし簡単ではないからこそ、「デキる女性が重宝される」というのも事実なのでしょう。まずは、相手のプライドを尊重してあげることからはじめれば、「男心わかっているな!」と思われる機会も増えるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月14日~2016年12月15日
調査人数:310人(22~39歳の男性)

※この記事は2017年01月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE