お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「男社会」と「女社会」の決定的なちがい・5つ

ファナティック

男性と女性の間には、考え方や行動に大きな差があると言われています。その差は、集団になればなるほど顕著に表れるもの。男社会・女社会という言葉で表現されることもありますよね。ではあなたは、男社会と女社会の間にある決定的なちがいとは、どんなものだと思いますか? 男性意見をリサーチしました。
af0100003727m

上下関係

・「男社会は上下関係がしっかりしているが、女社会はあまり関係ない感じがする」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「男は縦社会。女は横のつながり。それを基本にコミュニティが作られている」(38歳/その他/事務系専門職)

女社会と比較して、上下関係がしっかりとしているのが男性社会の特徴です。先輩の言葉は絶対! と聞くと、女性としてはなんだか息苦しいような気もしてしまいます。しかし関係がはっきりしている以上、揉め事も少ないのかもしれません。

ギスギスしている

・「女社会のほうがギスギスしている」(38歳/電機/営業職)

・「男性はある程度愚痴って終わるけど女性は陰口がひどい」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

男女ともに、「わかる!」という方も多いのかもしれませんね。女性社会で欠かせないのが「悪口」です。お互いを貶めるだけの行為ですから、できれば止めたいところなのですが……女社会では難しいようです。

会話のちがい

・「男性よりも女性が集まったときのほうが誰かの噂話で盛り上がっていることが多い」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「女社会ではお互い恋愛話をするけど男社会では飲み会以外では話をしない気がする」(35歳/建設・土木/技術職)

こちらは、会話内容のちがいを指摘する意見です。こんな意見を聞くと、「男社会では、いったいどんな会話をしているの!?」と気になってしまう女性も多いはずです。次に男社会の集まりを目にしたときには、こっそりと耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

評価基準

・「男社会はとにかく、体力と経済力がないと駄目。女社会は、若さがあれば重宝される」(32歳/その他/営業職)

・「男社会は数字で判断、女社会は評判で判断」(37歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

どちらがいいのか、判断に困るところです。男社会のほうがわかりやすいような気もしますが、厳しさもアリ。とはいえ、「若さ」や「評判」が全ての女社会も、なんだか物悲しいものです。

群れ意識

・「女社会だと、よくも悪くも同調圧力が強く、煩わしい。男社会だと、孤立しても生きていける」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「女社会のほうが群れが多い」(36歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「男社会では個人プレーが許されるが女社会では許されない」(35歳/医療・福祉/専門職)

よく指摘されるのが、こちらのポイントです。女社会では、群れを基本にしてコミュニティが形成されているように思えます。助かる面もありますが、正直、面倒なところも……! 女子会に疲れてしまったときには、つい男社会が羨ましくなってしまいます!

まとめ

男社会と女社会、ちがいについての考察はいかがでしたか? 男性たちの意見に「なるほど!」と思った方も多いはずです。どちらの社会にもいい面があるはず。お互いのよさを取り入れることで、より快適な社会ができ上がるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月19日~2016年12月20日
調査人数:380人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2017年01月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE