お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏・旦那さんの両親に挨拶に行きたくない理由6つ

ファナティック

%e7%9d%80%e7%89%a9お付き合いをしている男性や旦那様のご両親にご挨拶に行く機会っていつかはあるものですよね。しかし、どうしても気乗りしないこともあるのではないでしょうか? 今回は、そんな彼氏や夫の両親に挨拶に行けない、もしくは行きたくない理由について女性側の本音を聞いてみました。

緊張して何を話していいかわからない

・「緊張して何を話したらいいのかわからない」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「緊張するし、気に入られなかったらどうしようかと悩んでしまいそうだから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

彼氏のご両親にご挨拶をする機会があると、ほとんどの女性が緊張しすぎてどうしてよいかわからなくなるといいます。あまりに緊張しすぎると、できれば会いたくないなとさえ思ってしまいますよね。

どう思われるか不安で怖いから

・「相手の人柄がよくわからず、自分に好意を持ってくれるかどうかわからず、不安だから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「第一印象がとても大きいので、どう思われるか不安で怖い」(31歳/その他/事務系専門職)

会ったことがない場合、自分がどのように思われるか不安で仕方がないものですよね。そんな状況であれば、どうしてもご挨拶に行くのが怖くなってしまうのではないでしょうか? 実際会ってしまえば意外と平気なんですけどね。

結婚するべきか迷っているとき

・「本当にこの人と結婚していいのかなと悩んでいるとき。踏ん切りがつかないとき」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼氏と結婚する気がないとき」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

彼氏彼女の関係のときに、相手のご両親にご挨拶に行くとなると、やはり結婚を前提としていると、相手も思うものですよね。しかし、結婚を迷っていたり、そもそもするつもりがない場合などは、正直行きたくないなと思ってしまうでしょう。

ご両親がどうしても苦手

・「向こうの母親がとにかく自分の話ばかりする人で、ずっと聞かないといけない」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「クセのある母親で、面倒くさい」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

一度でもお会いしたことがあるご両親であれば、どんな方なのかは何となく知っているでしょう。しかし、どうしても受け入れられないご両親だと、ご挨拶に伺うのが億劫に感じてしまいそうです。

息子が大好きな母親だから

・「母親が息子大好きすぎる場合」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「両親が彼氏を溺愛していて、息子に合う人か査定されないか心配だから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

彼氏や旦那さんの母親や両輪が、子離れができておらず溺愛をしている場合、相手の反応が怖いこともあるでしょう。場合によっては、釣り合わないだのなんだのと嫌味を言われてしまうこともあるかもしれません。

気を遣わなくてはいけないのがめんどう

・「いちいち気を遣わなければならない」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「イライラしているときに、義両親に気を遣いたくない」(33歳/生保・損保/専門職)

相手のご両親となると、気を遣うのもごく普通のことでしょう。しかし、そうしたことに気を遣うのが苦手な女性にとっては辛く苦しいだけのようです。余裕がないときなどは、わざわざ気を遣うようなことはしたくない人もいるのではないでしょうか?

まとめ

女性が、お相手のご両親にご挨拶に行く際には、未婚既婚関係なく緊張するものですよね。特に結婚前となると、何度かお会いしていても、気を遣ってしまうものでしょう。そうなると、どうしてもご挨拶に行くのが億劫に感じてしまいそうですね。こればかりは、もう仲よくなって慣れるしかないのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数88件(21歳~36歳の働く女性)

※この記事は2017年01月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE