お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あ、別れるな……。彼氏と相性悪いと感じたできごと・6つ

ファナティック

どれほど大切に思える彼氏でも、あまりにもケンカが多すぎると、相性が合わないのかと不安になってしまうもの。その不安について考えるべく、女性たちが「彼氏と相性が悪い」と感じたできごとについてエピソードを聞いてみました。

takebe160224310i9a0467_tp_v

食の好みが合わない

・「レストランに行って、食べ物の好みが合わないとき」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「食事をしたときに好きなものと嫌いなものが正反対だったとき。合わないなと思ったから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

食べ物の好みが合わないと、一緒にいてもケンカになってしまうこともありますよね。何を食べに行くかで、意見が一致しないと、楽しくありませんよね。

音楽の好みが合わない

・「音楽のセンスが悪く、全然好みの曲がちがうとき」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「音楽の好みがまったく合わず、感覚や価値観自体がちがうなと感じたことがあったから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

好きな音楽の好みが合わないと、相性が悪いと思うこともありますよね。感性の問題となるため、どうしても好きになれない音楽もありますよね。

話が合わない

・「話が合わないときは、相性が悪いと思う」(33歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「話をしていても会話が合わずに、おもしろくないと感じたときにそう思ったから。感覚がちがいすぎて相性がよくないと思ったから」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

話自体がかみ合わないと、相性も合わないように感じそう。話をしていておもしろくないと思うと、一緒にいてもつまらなく感じてしまいますよね。

価値観が合わない

・「価値観が合わず困り果てたことが」(31歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「考え方や価値観があまりにもかけ離れていたこと。結局別れました」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

2人の価値観がまったく合わないと、一緒にいるのも苦痛になってきそう。お互いに譲歩することができなれば、結局はダメになってしまうこともありそうです。

趣味が合わない

・「デートのときに趣味が合わずに会話がかみ合わないことがあって、相性が悪いと感じたから」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「好きな歌が全然ちがうし趣味自体がかみ合わないときに相性が悪いなと思う」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

趣味そのものが合わないと、共通で楽しめることが少なくなってしまいますよね。無理やり合わせていても、結局はひずみが出てきてしまうのかもしれません。

ケンカが多い

・「些細なことでしょっちゅうケンカするときそう感じる」(34歳/金融・証券/営業職)

・「会うたびにケンカになって、もうダメだと思った」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

ケンカの多いカップルは、相性そのものが悪そうに思えますよね。相手のちょっとしたところが気になってしまうようだと、長続きしませんよね。

<まとめ>

いろんなきっかけで、相性が悪いと気づくこともあるようです。相手のことが好きならば、自分から近寄っていくこともできますが、無理をして合わせていると、どうしてもストレスがたまってきてしまうもの。なるべく自然体で付き合える相手が、一番理想的かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日~2016年12月18日
調査人数:102人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2017年01月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE