お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

するもんじゃねぇ! 「冬のドライブデート」で最悪だったコト・6選

ファナティック

クリスマスや年末に向けて、彼氏と遠出するドライブデートを計画している人は多いのではないでしょうか。ドライブデートはとても楽しいものですが、冬ならではのトラブルに遭うこともあるようです。そこで今回は「冬のドライブデートで最悪だったコト」について、男性のみなさんにエピソードを聞いてみました!

pls8157805u53997

■エアコンが壊れた

・「エアコンが壊れていて極寒だった」(35歳/金融・証券/専門職)

・「エアコンの機能が壊れて、寒すぎた」(34歳/その他/販売職・サービス系)

とても多かったのが「エアコンが壊れた」というエピソードでした。ただでさえ冬は寒いのに、エアコンが壊れたら地獄ですよね。彼女の立場としても、そんな極寒のドライブデートは避けたいところです。

■エンストした

・「エンストして寒い中押すことになった」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「エンストして寒い中の待機、待機、待機」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

「車がエンストした」というエピソードもありました。雪道でエンストすると動けなくなるので、寒い中車を押したり待機したりと、これもまた大変そうですよね。せっかくのデートが台無しになりそうです。

■設定温度でケンカした

・「寒がりすぎ。暖房を高い温度に設定されるとつらい」(34歳/学校・教育関連/その他)

・「エアコンの設定温度で彼女とモメてしまったこと。私は暑がり、彼女は寒がりでケンカになってしまった」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

エアコンの設定温度は、職場だけではなくドライブデートでも問題になるようです。女性が寒がるのに対して、男性が暑がるとケンカになりますよね。こればっかりは永遠に埋められない男女差と言えそうです。

■雪が降ってきて動けなかった

・「突然雪が降ってきて動けなくなったこと」(33歳/その他/その他)

・「吹雪のせいで車の中に閉じ込められて、何もできなかったときは残念だった」(30歳/電機/事務系専門職)

冬のドライブデートの行き先によっては、雪に降られることもありますよね。そのため「吹雪で閉じ込められた」というエピソードも。突然の雪に慌てないためにも、スタッドレスタイヤにしておいたほうがよさそうですね。

■スリップして事故りそうになった

・「凍った道でハンドルを取られ、危険な目にあった」(31歳/その他/その他)

・「路面に積もった雪でスリップし、危なく事故りそうになり、彼女は僕の運転が悪いと怒り、僕は雪のせいで自分は悪くないと怒り、寒い車内でケンカしたこと」(34歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

雪道を走っていて「事故りそうになった」というエピソードもありました。道が凍っていたり雪道だったりすると、ノーマルタイヤではスリップしやすいですよね。でもケンカだけで済んだのは、不幸中の幸いではないでしょうか。

■レッカーを呼んだ、事故った!

・「雪国で道路を走行できなくなりレッカーを呼んだ」(35歳/運輸・倉庫/営業職)

・「スノボに行ったとき、凍結していてい事故ったこと。ケガはなかったが」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

ほかには「レッカー車を呼んだ」や「事故った」というシャレにならないエピソードも! レッカー車のお世話になるのも大変ですが、いくらケガがないとはいえ事故を起こしてしまうのは、まさに「最悪だったコト」ですよね。

■まとめ

「冬のドライブデートで最悪だったコト」として、エアコンが壊れたり事故を起こしたりなどのエピソードがありました。雪道で事故ることに比べたら、エアコンの設定温度でケンカするのはまだかわいい方かもしれません。これからドライブデートを予定している人は、くれぐれも雪道対策を忘れないようにしてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数206件(25歳~35歳の男性)

お役立ち情報[PR]