お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

街で見かけた「怖い妊婦」3選

ファナティック

「マタハラ」という言葉も浸透してきた昨今。妊婦さんに親切にしようとしている人がいる一方で、その親切心を踏みにじられてしまうこともあるようです。働く男性が見かけた怖い妊婦さんのエピソードを見てみましょう。

rf35088292_l

電車でびっくり!

・「電車で席を譲ってもらえず舌打ちする妊婦」(26歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

妊婦がいたら席を譲るのはあたりまえのこと。でも、譲ってもらえなかったときに、「チッ」と舌打ちした姿を見てびっくりした男性もいるようです。相当体がしんどかったのかもしれませんが……。

公共マナーを無視!?

・「店や電車などで割り込みをしようとする」(36歳/情報・IT/その他)

・「自分は妊婦だからと言って、公共のマナーを無視する」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

譲り合いの精神が必要になる世の中。無理やり割り込みをしたり、公共のマナーを無視してしまうのはよくないですよね。

タバコは吸わないで!

・「歩きタバコ」(39歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「タバコを吸っていた。『他人には迷惑かけてない』とひらき直っていた」(37歳/金融・証券/事務系専門職)

タバコは胎児に悪影響があります。自分ひとりの体ではないので、見ているほうも「怖いな」と感じてしまうのでしょう。

<まとめ>

妊婦さんは、みんなで守ってあげたい存在。だからこそ、マナー違反や喫煙が目につくことが多いのかもしれません。すべての人が気持ちよく過ごせるように、すべての人が思いやりを持った行動をしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月15日~2016年12月16日
調査人数:382人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年12月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE