お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

絶対反対されちゃう! 「親に紹介できない彼氏」の特徴・6つ

ファナティック

自分には最高の彼氏でも、親にとってそうとは限らないことがあります。まだ彼氏が大人になりきれていないと、親に紹介したことが原因で恋が破局してしまうことも!? そこで「親に紹介できない彼氏」とは、一体どんな人なのかを社会人女性に尋ねてみました。

公園にいる男性

■チャラそうな遊び人風の彼氏

・「遊び人の男性は親が悲しむと思う」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「チャラそうな見た目、髪の色が明るい、服装がだらしない」(26歳/医療・福祉/専門職)

本当はしっかりしたところもあるのに「遊び人風」を貫く彼氏も、親に紹介できないタイプ。第一印象は見た目で判断される割合が高い分、親世代には受け入れられにくいのかも。

■見た目にまったく気を使わない彼氏

・「挨拶にくるときにスエットやジャージを着ている」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「見た目に無頓着でTPOをわきまえようとしない」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

TPOに合わせて服装を選べない人も、誤解を招きやすくて親に紹介できないタイプ。中身で勝負したいにしても、最初にマイナス印象を植えつけてしまうと、あとあと苦戦が強いられそうです。

■借金のある彼氏

・「奨学金以外の借金がある。どんな理由でも借金があると親からのイメージは悪いと思う」(30歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「借金がある。お金にルーズな人」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

親に打ち明けなければならないほど、重い借金を抱えている人もやっぱり紹介しにくいもの。親にしてみたら「交際に反対」する第一の理由になりそうです。

■定職についておらず、金銭的に不安定な彼氏

・「フリーターの彼氏は紹介しにくかった」(32歳/情報・IT/技術職)

・「将来が金銭的に不安な人。親がすごく気にするから」(25歳/情報・IT/技術職)

娘の将来のことを思うと、こちらも「反対」以外の言葉がかけにくい相手ですよね。自由な家風じゃないと、なかなか紹介しにくい相手かもしれません。

■目上の人への対応がなっていない彼氏

・「常識がない人。目上の人に対しての対応などが、なってない人」(28歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「自分の親の悪口を言う人。人として無理だから、即別れる」(34歳/その他/事務系専門職)

何を言い出すかわからず、怖くて紹介できないのが目上の人への対応がなっていない彼氏。特に交際相手の親に向かって、タメ口と悪口だけはやめてほしいものです!

■礼儀やマナーがなっていない彼氏

・「礼儀がなってなかったり、言葉遣いが変だったり、料理の食べ方の汚い人は紹介できない」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「食事のマナーがなってない人。親に紹介=一緒に食事だと思っているので、マナーがなってないととてもじゃないけど食事姿を見せられない」(24歳/生保・損保/営業職)

あとから親にチクチク嫌みを言われそうで、紹介するのをためらってしまうのが礼儀やマナーのなっていない彼氏。食事姿が汚いのも、残念な印象を植えつけてしまいますよね。

■まとめ

「悪い人じゃない」といくら娘が口で説明しても、それを親にわかってもらうのは難しいですよね。初対面同士だとささいな見た目や世間体の問題が、誤解を招いてしまうもの。TPOに合わせた服装を整え、事前に礼儀やマナーを注意してから、彼氏を親に紹介する必要があるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月16日〜12月19日
調査人数:120人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]