お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

「もういいや、疲れた」という彼氏の恋愛心理。彼女が取るべき対処法は?

TETUYA

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。今回は、彼氏が彼女に対して「もういいや、疲れた」と言ってしまった男性の心理について書いてみました。悪気がなくても意外と知らないところで彼氏を疲れさせることって、みなさんあるんですよ。男性代表として声を大にしてそこは言いたい(笑)。コラムを読んで、思いあたることがあれば、気をつけてくださいね。

彼氏が彼女に「もういいや」と思うとき

彼氏が「もういいや」と思う理由はいろいろある。その前に、女性のみなさんに一番知ってほしいことがあるので、聞いてください。それは、彼女のことだけを四六時中考えているわけではないということ。彼女のこと以外で、顔には出さないけど、面と向かって言えないいろいろな悩みを1個や2個は抱えているんです。知ってましたか(笑)? 一番多いのは仕事の悩みかもしれません。あとは身内のことだったり、友だちのことだったり、自分のコンプレックスだったりと。

彼氏が彼女に突然冷めるときとは

普通、彼氏が彼女に突然冷めるなんて、あまり考えられません(苦笑)。そこに至るまでに、彼からの危険信号が絶対に出ていたはず。彼女と知り合った当時は、まだお互いのことを深く知っているわけはないですよね。こういうときが、本当に一番楽しい。愛情だけではなく、寛容な気持ちもマックス状態。そして交際期間が長くなるにつれて、2人の鮮度は落ちていくもの。これは紛れもない事実。その鮮度に比例して寛容な気持ちのキャパもシュリンクしてしまう。今まで、気にならなかった彼女の言動が段々と目についてくるんです。そして、あまりにもひどい言動は彼の寛容な気持ちのキャパを超えてしまって、結果、彼の気持ちは冷めてしまうんですね。

そこで、実際に男性たちに「気持ちが冷める彼女の言動」について話を聞いてみました。

過去のことをネチネチ言う

・「ケンカのとき、ダメ出しがハンパない。昔のことをいつまでも引っ張り出してくる」(39歳/自動車関連/その他)

・「過去のことをいつまでもクドクドとねちっこいと、めんどくさくなって話す気がしなくなる」(39歳/自動車関連/その他)

愚痴っぽい

・「延々と愚痴が続くとき。いくら好きでも冷めてしまう」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「なんかね……話してると暗~くなる人っているじゃない? ネガティブなタイプだから、話してると自分も暗くなる」(34歳/その他/事務系専門職)

束縛が激しい

・「束縛がひどくてめんどくさくなってきたら」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「どこにいるのかとか、しつこく聞いてきたりする粘着質な感じ」(37歳/小売店/営業職)

話が続かない

・「言葉のキャッチボールがまったくできなくなったとき」(38歳/電機/営業職)

・「どんな話を向けても、会話が続かない」(39歳/医療・福祉/営業職)

ワガママ

・「自分のことばかり考えている人。自己主張ばかりでついていけない」(36歳/その他/その他)

・「相手がワガママで、特に睡眠を邪魔してくる。しんどい」(34歳/商社・卸/営業職)

男の本質として、「彼女に頼られたい」というマインドはほとんどの人が持っています。それが、「愚痴を言われたい」に繋がってくる。そこで自分の器の大きさを見せたいですからね。アンケート結果を見ると、はじめは「かわいいワガママ」で消化できていたことも、2人の鮮度が落ちてくると、「かわいいワガママ」から「面倒くさいワガママ」に変化していきます。個人的に「彼氏なら受け止めろ!」と思ってしまいますが(苦笑)。ただ、話が続かないなどは、そもそも2人の相性がよくないのではないでしょうか。彼氏も思っているということは、おそらく彼女も同じことを思っていると思います。

彼女に「もういいや」と突然冷める男性心理とは

2人の鮮度に比例する彼氏の寛容度のキャパ。このキャパを超えた瞬間に、彼氏は「もういいや」と思ってしまうと言いました。また、男女とも「人の本質は変わらない」とどこかで思っていることも理由のひとつ。だから、この彼女との未来を想像したとき、急に「無理~」と思うこともあるんです。今はまだ若いからかわいいと許せることも、どんどん年齢を重ねていくと、たとえば、束縛が激しい彼女だったら、想像するだけでゾッとしますよね(苦笑)。

次ページ:彼氏が「もういいや、疲れた」と言う心理

お役立ち情報[PR]