お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

バレないとでも思ってた? 実は女性が知ってる「彼氏の秘密」6つ

ファナティック

彼氏と長く付き合っていると、誰も知らない彼氏の一面を、自分だけが知るようになることも増えますよね。うれしい反面、誰かに自慢してしまいたくなることもあるのではないでしょうか。そこで今回は、働く女性のみなさんに、自分だけが知っている「彼氏の秘密」について、こっそり暴露してもらいました。

af9980029859w

■1.実は甘えん坊

・「外では硬派だが、実は甘えたがり」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「外ではまじめだけど、家では赤ちゃん言葉」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

会社の中や、友だちと会うときは真面目そうにしていても、2人きりになると甘えん坊になる男性もいるものですよね。彼氏にとっては、誰にもバレたくない秘密のはず。かわいいと思いつつ、できるだけ口外しないであげると彼からも好印象でしょう。

■2.おなかが出ている

・「メタボリックなこと。やせて見えるけどおなかがぽっこり」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「本当はおなかが出ているのにそれを認めない」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

服を着ていると、意外におなかが出ているのはごまかせるもの。周囲の人は知らない体型の秘密を知っているのは、彼女だからこそですよね。男性側も、彼女だけに見せられる秘密なのかもしれませんね。

■3.寝言がうるさい

・「寝言がうるさい。寝ている間はわからないから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

本人が気づいていない秘密を、彼女だけが知っていることもあるもの。特に寝ているときの寝言は、本人にはわかりませんものね。いつもはシャキッとしている彼にも、こんな一面がある……。秘密を握ることができるのは、彼女だけの特権です!

■4.実は知ったかぶりをする

・「たまに知ったかぶりをすること。明らかにバレバレなのに、そうされるから、黙っていてあげている」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「カッコつけて知っているフリをしても実はこっそりがんばって調べていること」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

知らないことがあっても、素直に知らないと言えない男性は多いもの。プライドを保つために、こっそりググッていることは、見て見ぬフリをしてあげましょう。彼氏のことは何でもお見通し! という彼女も多そうです。

■5.昔はダサかった

・「昔、わりとダサかった。今とは別人」(24歳/不動産/事務系専門職)

今はそれなりにカッコいいのに、昔はとてもダサかったなんてこともあるようです。こっそり昔のアルバムを見て、気づいた人もいるのでは。彼女と付き合ってから服のセンスが改善されたという男性も多いのではないでしょうか。

■6.趣味にお金を使っている

・「車のメンテナンスにけっこうお金を使っている」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「趣味にけっこうお金を使っているということ」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

趣味に対してお金を際限なく使ってしまうのは、男性の特徴かもしれませんね。彼女にバレていないと思っていても、ほとんどは気づかれているのではないでしょうか。結婚してからのことを考えると……、秘密に気づいていることを打ち明けてもよさそうです。

<まとめ>

彼氏が隠そうと思っていることに気づいてしまうと、見なかったフリをしてあげる人も多いのでは。自分だけが知っている秘密と思うと、何だかうれしく感じてしまうこともありますものね。みなさんにも、自分だけが知っている「彼氏の秘密」はありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~2016年11月28日
調査人数:102人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]