お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

重い男の特徴とは。性格を改善する付き合い方と別れ方

織田隼人

女性にとって男性から愛されるのはうれしいものですが、あまりにも深く愛されすぎるとちょっと重く感じてしまうもの。今回は、そうした「重い男性」の特徴や性格を改善する方法、別れ方方についてもご紹介します。

■重い男とは?

そもそも女性にとって、どのような男性が「重い男」なのでしょうか? まずは重い男の特徴はどんなものだと思うか、女性に聞いてみました。

◇重い男の言動って?

☆帰宅するまで張りつこうとする

・「友だちと飲みに行くと告げると、必ず送り迎えをしようとする。ありがたいけど、本当に友だちかどうか確かめているような気がしてなんか嫌だ」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「『ちゃんと家に帰れるか心配やから、家着くまで電話しとこ』って言われたとき」(26歳/医療・福祉/その他)

心配な気持ちもわかりますし、時には頼りになりますが、いつも帰宅まで張りつかれるのは息苦しいですよね。

☆なんでも手助けしようとする

・「すべての荷物を持とうとする。水族館のチケットまで。紙1枚くらいは自分で持てます」(27歳/建設・土木/技術職)

・「なんでもしてあげるなど、過剰な世話焼き」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

荷物を持ってくれるなど、手助けしてくれるのもありがたいことです。しかしこれも度が過ぎると重く感じてしまうことでしょう。

☆自分のことを完璧に把握する

・「誕生日プレゼントが似顔絵でした。ほくろの位置まで完璧で怖かった」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「おねだりしていないのに、普段の会話からほしいものや興味のあるものを先回りして用意されていたとき」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

「好きな人のことならなんでも知りたい」という気持ちはうれしいものの、知られすぎているのは正直怖くなります。恋愛においては、あまり完璧主義でないほうがいいのかもしれません。

☆付き合いが浅いのに、プレゼントが高価すぎる

・「出会ってそんなに経っていないのに、やたらと高価なプレゼントを贈られた。ちょっと不安になりました」(27歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「付き合った初日に年下からティファニーのネックレスをもらい、将来総理大臣になって、総理大臣の嫁にしてやると言われた」(29歳/その他/販売職・サービス系)

付き合って間もないころに贈るプレゼントは、気合いが空回りしがち。あまりに高価なプレゼントは女性が引いてしまいます。

☆連絡がマメすぎる

・「マメに連絡が来すぎて気が重くなってしまった……。いつどこで何をしているのか、常に気になってしまうタイプの男性で疲れた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「毎日必ずメールをしてきて、毎週予定を入れてきたこと。自分の予定がなかなか入れられず重く感じた」(27歳/学校・教育関連/その他)

彼氏の愛情に重みを感じるのが、いつまで経ってもマメな連絡を欠かさないとき。信頼関係があれば、そんなにマメな連絡は必要ないですよね。

☆愛のために自己犠牲をする

・「『こんなにお前のこと思っていろいろやってやっているのに!』って言われたこと。別に頼んでも望んでもないのに、勝手にやって見返りを求められても……」(31歳/生保・損保/営業職)

・「なんでも叶えてくれる→仕事を後輩に任せて相手してくれる→仕事に対する責任感のなさに気持ちが冷めた」(30歳/医療・福祉/専門職)

「愛のためなら自己犠牲をいとわない」という姿勢は立派ですが、彼女としては正直微妙な気分になってしまうようです。特に、相手が勝手に行ったことに対して見返りを求められると困ってしまいますよね。

女性は男性のこうした言動に対して「重い……」と感じているとのことですが、どれも重い男性のテンプレートのような言動ばかりですよね。多くの女性が納得していることでしょう。

◇彼をチェック。専門家が教える「重い男の特徴とその心理」

では、女性に「重い」と思われてしまう行動をとってしまう男性の心理はどうなっているのでしょうか? 心理コーディネーターの織田隼人さんに、重い男に共通する特徴や、その心理状態を聞いてみました。

☆長文のLINEを送ってくる

LINEで、強い想いのこもった長文が頻繁に送られてくると、重い男の可能性が高いです。「自分の気持ちを知ってほしい」という気持ちが強く、その想いを伝えようとしているのが長い文章に表れているからです。

ただし、男女がお互いに長い文章を送り合っている場合は「2人の気持ちがそろっている状態」なので、重い状態とはいえません。もし男性だけが長文を送っているのならば、「2人の気持ちはそろっておらず、男性だけが過剰になっている」ので、男性が重い状態になっていると言えます。

☆細かくスケジュールや行き先などをチェックしてくる

自分に自信がない男性は、彼女のことが信用しきれなくなります。そうすると、彼女を信用するための証拠探しをするために、彼女のスケジュールや行き先などを細かく聞いてきます。つまり、「自分に自信がなくて彼女を信用できない」というのが重い男性の特徴です。

彼女のことが信用できないので物的証拠で安心を得ようとしますが、根本のところで自信がないので、相手を信用しきれません。そのため、スケジュールチェックなどがどんどん細かくなっていく傾向にあります。

☆彼女の男友だち複数に対して嫉妬する

彼女の男友だち複数に対して嫉妬している場合は、「重い男」であることが多いです。嫉妬する相手が男友だち1人だと「恋のライバルでないか気になっている」ので、重い男というよりはライバルに警戒しているだけだといえます。

しかし、彼女の男友だち複数に嫉妬している場合は「どこにライバルがいるかわからない」と、自分が本当に彼女に選ばれているのか不安になっている状態です。そのため、なんでも過剰に心配してしまい、その心配から重い男になってしまうのです。

次ページ:重い男の性格を改善するには

お役立ち情報[PR]