お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もうヤメテぇっ……! 彼氏に言われて「死ぬほど傷ついた言葉」・6つ

ファナティック

いくら恋人だからと言って、みんながみんな、思いやりがある人間とは限りません。中には彼女に対して、思いやりや配慮もない、ひどい言葉を投げかける男性もいます。そこで今回は、働く女性たちが今まで、彼氏に言われて一番傷付いた言葉を集めてみました。

■太ったなんて言わないで!!

・「『最近、太った?』。自分が一番わかっているから言われたくない」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ダイエット中、順調に体重を落としていたのに、『太ったでしょ』と言われた」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

体形のことは、誰よりも自分が一番よくわかっているもの。それなのにわざわざ指摘してくるなんて、デリカシーというものがないのでしょうか……。

■バストのこと

・「『垂れ乳』。無神経にも程があるし、別に垂れてねぇしと思った」(28歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「Eカップに見えないバストなので、サバ読むなと言われた」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

バストは男性のあこがれのパーツのひとつ。だからこそ、理想とちがった場合にいろいろと言ってしまうものなのかもしれません。

■顔のこと

・「『お前って意外とブサイクだよな』と言われたことがあって、傷ついたことがあるから」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

・「『ブサイクだな!』といきなり言われ続けたとき」(33歳/その他/事務系専門職)

メイクで変えることはできても、根本から変えることは難しいですよね。どうしても変えたければ、美容整形しかないわけですが、そこまで踏み切るのも勇気が必要です……。自分の顔を受け入れてくれる、すてきな男性を見つけたほうが早いかもしれません。

■歯並び

・「出っ歯を直せと言われ、矯正歯科を勧められたこと」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「出っ歯だから矯正して直してほしいと言われた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

歯並びにコンプレックスを感じている人は多いようです。でも、費用のことや、矯正中の状態を考えると、なかなか実行は難しいですよね。

■本当はそう思っていたの?

・「『だから○○はイヤなんだよ』と言われたこと。ずっとそんな風に思われてたんだと思ったらものすごくショックだった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

普段はそんな風に思っているとはおくびにも出さなかったのに、ケンカになった瞬間、いきなり本音をぶちまけるような彼も、正直イヤですよね……。歩みよるためには、普段から本音をさらけ出すことが大切ですよね。

■まとめ

大切な彼女に対して、ひどい言葉を平気で投げかける男性も世の中にはたくさんいいます。そういう男性の多くは、きっと自分が彼女を傷つけた、なんて自覚はないでしょう。だからこそ、イヤなことを言われたら、その気持ちをはっきりと伝えましょうね。「こういう言葉は彼女にとってイヤな言葉なんだ」ということがわかれば、きっと彼も反省し、そういった言葉をやめてくれるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月18日~11月21日
調査人数:323人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]