お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性が「どうでもいい女」には絶対にしない6つのこと

ファナティック

気になる男性から冷たい態度をとられてしまうと、もしかして自分には興味がないのかなと、気になってしまうものですよね。気になる相手からどのように思われているかは、女性にとって興味深いところ。そこで今回は、男性のみなさんに「どうでもいい女性には絶対にしないこと」を教えてもらいました。

c3b8c322e6f783c769dd85275f9d011915

 

(1)プレゼント

・「プレゼント。勘違いされても困るから」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「プレゼントを渡したり話をあまりしない」(25歳/食品・飲料/その他)

どうでもいい相手には、プレゼントはしないようですね。もし勘違いされてしまうと、誤解を解くのに困ってしまうことも。「お金をかけない」というのがポイントかもしれません。

(2)ボディタッチ

・「ボディタッチ。触りたいと思わない」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「ボディタッチ。気のある人にしかしない」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

気になる女性にはボディタッチを試みてみるものですが、どうでもいい相手となると、触りたいとは思わないようです。タッチの度合いで、男性の好意がわかってくるかもしれませんね。

(3)マメな連絡

・「マメな連絡。心が向いていないから、必然的に連絡が滞ってしまう」(31歳/機械・精密機器/営業職)

・「マメな連絡。何しているか興味がないから」(30歳/電機/その他)

好きな相手ならば、何としても相手を振り向かせたいと思い、マメな連絡も惜しまないもの。何も思わない相手だと、一切連絡しないので男性心理はわかりやすいのかもしれませんね。どうでもいい女性なら、相手からの連絡がきたときにはじめて連絡を返す程度なのでしょう。

(4)会話

・「話をしない。どうでもいいから」(26歳/その他/その他)

・「会話。必要ないから」(28歳/商社・卸/営業職)

どうでもいいと思う相手とは、会話をするのも面倒に思うことがあるようです。男性が楽しそうに会話しているかどうかで、好意のバロメーターがはかれるのではないでしょうか。

(5)優しくする

・「優しい言葉をかけない」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

・「優しくしない」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

下手に優しい言葉をかけると、相手から勘違いされてしまうこともありますよね。どうでもいい相手に優しい言葉をかけないようにするのは、ある意味、優しさと捉えることもできるのでは。気を持たせない、ということですもんね。

(6)気を遣うこと

・「気を遣う。疲れるから」(28歳/自動車関連/技術職)

・「気を遣ってあげること」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

気になる相手の一挙一動は気になっても、どうでもいい人だと気にならないものかもしれません。気遣いを見せる頻度を見ると、相手に気があるかどうかがわかりそうですね。

<まとめ>

こう見ると、男性はどうでもいい相手に対して、とてもわかりやすい態度を示しているのかもしれません。会話をしようとしなかったり、相手に対して優しく対応しなかったりするのは、興味がない証拠。男性が「自ら行動する」というのが、本命かどうかのラインとなるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月29日~2016年11月30日
調査人数:291人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]