お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド デート・カップル

それだけ!? 男性が初デートで「財布に入れる金額」●●万円!

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、2016年10月5日~11日の7日間、20歳~29歳の男女を対象に「20代の金銭感覚についての意識調査2016」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開した。

■財布に入れている金額

全回答者(1,000名)に対し、普段(平日)、財布にいれている金額を聞いたところ、「3,000円超~5,000円以下」(23.8%)や「5,000円超~1万円以下」(26.5%)に回答が集中し、所持金が『5,000円以下』の人が累計で51.8%、『1万円以下』の人が累計で78.3%となった。財布の中身に1万円札が入っていない20代が多数のようで、平均額は9,634円だ。

■不安になる手持ち金額

次に、どこまで所持金が減ったら、手持ちが少なくて不安になるかを聞いたところ、3,000円で不安になる人(『3,000円以上』の累計)が32.4%、2,000円で不安になる人(『2,000円以上』の累計)が45.1%、1,000円で不安になる人(『1,000円以上』の累計)が75.3%となった。所持金が3,000円を下回り、千円札1、2枚になると不安を感じる人が多いようで、平均額は2,473円となっている。

■初デートで持っていく金額

最後に、“よそいきの財布の中身”として、気になる異性と初デートするとき、安心できる所持金を聞いたところ、「1万円超~2万円以下で安心」(33.5%)前後に回答が集まり、平均額は22,764円となった。初デートなどの機会には、1万円札1、2枚は財布の中にいれておきたいと考えている人が多いようだ。財布の中身を男女別、年齢区分別に比較すると、“よそいきの財布の中身”では傾向の違いがみられ、男性では27,736円で女性の17,792円より1万円近く高くなった。やはり好きな女性とのデートではおごってあげたいと思う男性が多いようだ。

《調査概要》

◆調査タイトル:20代の金銭感覚についての意識調査2016
◆調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする20歳~29歳の男女
◆調査期間:2016年10月5日~11日
◆調査方法:インターネット調査
◆調査地域:全国
◆有効回答数:1,000サンプル(有効回答から男女×20代前半・後半が均等になるように抽出)
◆調査協力会社:ネットエイジア株式会社

(マイナビウーマン編集部)

 

お役立ち情報[PR]