お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

見られたら死ぬ! 恋人の「恥ずかしい写真」を持ってる人●●%

ファナティック

 

恋人と会えない時間が続くとき、どうしても会いたくて困ることもありますよね。そんなときは、恋人の写真を見て癒やされている人も多いのではないでしょうか。そこで、恋人の恥ずかしい姿が映った写真を持っているかを、社会人の男女にアンケートで調査してみました。

Q.彼・彼女の恥ずかしい姿が映った「写真」を持っていますか?

はい……14.2%
いいえ……85.8%

10人に1人は、恋人の恥ずかしい姿の写真を持っているようですね。みなさん、どんなときにその写真を手に入れたのでしょう。お話を聞いてみました。

■つい流れで

・「ついつい流れで。夜ムラムラしたときに」(22歳男性/情報・IT/事務系専門職)

・「ついやっているときに盛り上がってしまい撮ってしまった」(23歳男性/学校・教育関連/その他)

2人で盛り上がってるときに、つい流れで写真を撮ったという人もいるようです。ちゃんと相手からは了承を得るようにしたいですよね。

■こっそり撮影

・「バレないようにこっそりと撮影した」(37歳男性/建設・土木/技術職)

相手にバレないように、こっそり写真を撮ったという人も、中にはいるようですね。恋人が知ると、怒られるかもしれないので、黙ったままにしているのかもしれませんね。

■相手から頼まれて

・「彼女のほうから撮ってと頼んできたの撮った」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「撮ってもいいよーっていうか裸で歩いてる」(26歳女性/学校・教育関連/販売職・サービス系)

恋人のほうから写真を撮っていいといわれると、一応撮っておかなければ! なんて思う人も、中にはいるかもしれませんね。

■遠距離恋愛なので

・「遠距離恋愛でなかなか会えず、会えない期間もその写真を見て彼を思い出すため」(23歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「見返すことはないけど、遠距離なので、欲しいと言われてあげるだけは嫌なので彼のも欲しいと言ったらくれました」(25歳女性/その他/その他)

遠距離恋愛中の2人だと、会いたくても会えない状況が続いてしまうもの。さみしい日のために、少しセクシーな写真を持っておきたいと思うのかもしれませんね。

■たまたま撮れた

・「旅行中の部屋で、別のものを撮ろうとして、偶然撮れてしまった(笑)。見返すのは、旅行中だったので、旅行写真を見返すタイミングで見えてしまう」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「おもしろかったので写メったのがたまたま全裸だった。人には見せられないけど、おもしろいのでたまに見る」(24歳女性/その他/その他)

あえていやらしい写真を撮るつもりではなく、たまたま撮れてしまったという人もいるようです。消すに消せないので、どうすればいいか困ってしまうかもしれませんね。

■2人きりのときに

・「2人っきりのときです! 今は全然見てませんが残ってる」(27歳女性/食品・飲料/その他)

・「ベッドの上でふざけて撮った。何か起きた際の保険。本人にも私が持っていると認識させるっていうのもある」(32歳女性/食品・飲料/営業職)

誰も見ていない2人きりのときに、つい盛り上がって、写真を撮る人もいるのでは。後々で恥ずかしい思いをすることもありますので、盛り上がりすぎないようにしたいですね。

■まとめ

2人だけの世界で盛り上がってるときには、つい気持ちがハイになってしまい、普段ではしないようなことをしてしまうこともあるものです。しかし「リベンジポルノ」といった事件も起きています。こうした写真撮影は、慎重になりたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月10日~11月11日
調査人数:316人(22歳~39歳の男女)

お役立ち情報[PR]