お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

さすがに凹むわ……! 彼女に○○を拒否られてしまった経験・6選

ファナティック

あなたの恋人は何をお願いしても拒否しませんか? もちろん、ダメなこともありますよね。ですが、思わぬ申し出を拒否されて傷つく男性もいそうです。いったい何を拒否されてしまったのか、彼女に拒否られてしまった経験について、社会人男性に聞いてみました。

■彼女の実家へ行くこと

・「彼女の実家に行こうとしたときに、『両親がいるから』と拒否されてしまった」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「自宅訪問。紹介できるレベルに達していないらしい」(32歳/情報・IT/技術職)

さあ結婚!というとき、相手の実家へ行くのは重要なステップ。ですがそこでSTOPがかかると、男性は意外な気持ちになるようです。NGな理由は、きちんと説明してあげたほうが納得できますよね。

■デートすること

・「デート自体を拒否られてしまった」(35歳/情報・IT/技術職)

・「デート自体を拒否されたときはショックでした」(38歳/建設・土木/技術職)

せっかく彼女をデートに誘ったのに、何らかの理由で拒否。気の毒な話ですね。普通に考えれば仕事の都合などでしょうが、もしかすると前回のデート中に何かしてしまっていたのかも。

■手をつなぐこと

・「手をつなぐことを拒否された。『なんか気持ち悪い』と言われた」(34歳/商社・卸/営業職)

・「手をつないでもすぐに離そうとされてしまった」(36歳/小売店/営業職)

手つなぎデートといえば、恋人らしいですよね。ですがある程度の年齢になると、手をつなぐのが恥ずかしくなることもありそうです。恋のステージに応じて、できるスキンシップも変わってきそうです。

■○○を組むこと

・「人前で腕を組むのを『恥ずかしいから』とイヤがられた」(38歳/情報・IT/技術職)

・「街を歩くときに、肩を組もうとしたら拒否された」(33歳/不動産/営業職)

手をつないだり、腕や肩を組むのも大切なコミュニケーション。とはいえ、人前だと恥ずかしいという気持ちもやはりありますよね。彼女にイヤがられたらショックかもしれませんが、自分のせいではないと思いましょう。

■キスすること

・「酔ったときにキスを迫ったら、酒くさくて避けられた」(36歳/商社・卸/営業職)

・「酔った勢いでキスしようとして断られました」(29歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

普通にムードを盛り上げてからのキスならともかく、酔った男性からのキスほど見境のなさそうなものはないですよね。いくら恋人同士でも、お酒の勢いでキスされたくはないかもしれません。

■趣味を楽しむこと

・「好きなアニメをオススメしたが拒否された」(29歳/電機/技術職)

・「自分の趣味である登山に誘ったが断られた」(27歳/情報・IT/技術職)

自分の好きな趣味を彼女も楽しんでくれればベストですよね。とはいえ、そこは男と女。趣味もちがえば興味を持つこともちがいます。恋人としてはOKでも、趣味は共有できないのかも。

■まとめ

ほかには、「あるイベントでお姫様抱っこをすることになったが、イヤがられて他人を抱っこした」(36歳/機械・精密機器/技術職)という悲しい体験もありました。恥ずかしさからの拒否の具合によって、あまりにも拒絶されると男性はトラウマになってしまうことも……。女性は時と場合によって、あまり恥ずかしがりすぎないようにしたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~11月25日
調査人数:383人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]