お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もしかして……! 「私に興味なくなった?」と思う瞬間5つ

ファナティック

彼氏に対して「私に興味なくなった?」と感じた瞬間、ひとりの女性として、なんとも言えない切ない気持ちを抱いてしまいます。いずれ「飽き」は来るのかもしれないけれど……「自分に魅力がなくなった」なんて、信じたくない事実ですよね。では女性たちが「もしかして」と思ってしまうのは、彼氏のどんな様子を見てしまったときなのでしょうか。女性たちに詳しい意見を聞きました。

■キスで判断

・「長年つきあっているとキスに興奮しなくなったなってお互いに思う」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「彼氏にキスしてもあまり反応がない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

こちらはより手軽に、彼氏とのキスで判断する意見です。思いがこもったキスとそうではないキス。女性は敏感に見抜くものです。関係が深まったときこそ、ひとつひとつのキスを大切にして、よりいい関係を築いていきたいものですね。

■安らかな眠り

・「部屋で一緒にまったりしているとき、彼氏がすやすや眠りについたとき。安心してくれているのはいいことだけれど、興奮しなくなったのかなと思ったことがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「二人きりで同じベッドに寝てるのに、まったり寝てしまうとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

恋人の前でもぐっすりと眠れるのは、二人の間に信頼関係が生まれているからこそ。しかし「ひとりの女性」としては、正直微妙な一面もアリ!? 彼氏が安らかに眠れば眠るほど、イタズラしたくなっちゃいます!?

■チラ見せ、効果なし!

・「着替えたりちょっと肌を見せるとちょっかい出してきていたのが反応しなくなったとき」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「裸を見ると、『早く服着なよ』と言われる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

少し素肌を見せただけで、昔は興味を示していたのに! 今はもう、「日常の風景」になってしまっているのでしょうか。彼氏の目に留まるため、どんどん見せたくなる気持ちもわかりますが、あえて出し惜しみする作戦で、彼氏をドキッとさせましょう。

■彼氏のひと言が

・「後ろ姿がおばさんっぽい、と言われる」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「『かわいい』『キレイ』などの言葉が少なくなったとき」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

彼氏には悪気なんて、これっぽっちもないのでしょう。とはいえ、彼氏のホンネを示すようなひと言は、「二人の関係をもっとなんとかしたい!」というサインなのかもしれません。彼氏の気持ちを取り戻す努力をしてみてくださいね。

■自己分析も

・「太ってきたらこれじゃちょっと興奮してくれないかもと思う」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

自分で自分を分析した結果、「もしかして……」と思う方もいるようです。本当のところは彼氏に聞かなければわかりませんが、自分に自信を取り戻すため、自分磨きをがんばるのもオススメです。

■まとめ

彼氏に対して「私に興味なくなった?」と思ってしまう瞬間について、理解できる!という女性も多いのではないでしょうか。時間が経過すれば、誰もがきっと経験する道。自分たちなりの方法で、上手に乗り越えていけるといいですね。

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月14日~2016年11月24日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]