お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

重い女から卒業! 「追われる女性」になるための6つのコツ

ファナティック

幸せな恋をするための秘訣は、「追うよりも追われること」だと言われていますよね。男性にとって「追いかけたい女性」とは、本能を刺激するような存在。当然、浮気やマンネリの心配もしなくて済みそうです。女性としてはぜひ「追われる女性」を目指したいところですが、そのためのコツとは? 女性たちの意見を聞いてみました。

■自分磨き

・「魅力的な女性になれるよう普段からいろいろな面で努力すること」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分磨きを怠らない、美人またはかわいい人は追われると思う」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

外見が優れている人は、その他大勢の異性にとっても魅力的な存在。声をかけられたり興味を持たれたりする機会も多いですから、自然と「追いかけなければ誰かにとられてしまう!」と思わせやすいのでしょう。

■執着しない

・「彼氏に依存しすぎず、自分の時間を確保して余裕を見せる。自分から追えば追うほど逃げていくから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「自分が彼氏に執着しないで、彼氏を翻弄するくらいの気持ちでいく」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性から追いかけられれば追いかけられるほど、逃げたくなるのが男性の性だと言われています。彼氏に執着し過ぎる女性は、ただただ重い存在に……。対等な恋愛ができなくなるというリスクもありますよね。

■ときには焦らせる

・「焦らすこと。後もうちょっと一緒にいたい、というとこで切り上げたり、関係を進めるのに時間をかけておくと、追いかけてくる」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「彼氏の頼みにすぐに応えず、ちょっと焦らす」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「大好きな人を焦らせる」という行為に、抵抗がある方もいるかもしれませんが、恋に「焦り」は重要なエッセンスです。焦るからこそ、人は努力し、相手の気持ちを手に入れようとがんばるのでしょう。程よいバランスを意識できるようになれば、最強です!

■ひとりの時間も大切に

・「連絡をマメにせず、ひとりのときも楽しんでいるということをアピールする。また彼氏の言いなりにならず自分の意見もたまに言う。自立心がある女性はいつ自分から離れるかわからないから男性も追いたくなると思う」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「彼氏以外にも、没頭できる趣味や仕事などがある」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

「うまく焦らせる自信がない……」という方には、こちらの作戦がオススメです。恋愛だけではなく、自分の仕事や趣味を心から楽しんでみて。自然と彼氏に「追わなければ逃げられる!」と思わせることができるはずです。

■ポジティブオーラ

・「いつも楽しそうにする。笑顔が嫌いな人はいないから」(32歳/商社・卸/その他)

・「美人でいつも笑顔で料理が上手。いつもほめてくれる。そういう人と一緒にいたいだろうから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

こちらは、「追いかけたい」というよりは、「ただただ一緒にいたい」という気持ちを刺激する意見ですね。彼女のポジティブな雰囲気は、彼氏の心を癒すはず。自然と「将来」を意識しやすくなるのかも……?

■ミステリアスな雰囲気も

・「全部をオープンにしないようにすること」(30歳/小売店/専門職)

・「すべてを見せない。多少扱いにくい女性でいる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

最後に紹介するのは、少し難易度が高い意見です。ミステリアスな部分を持つ女性は、男性にとって魅力的な存在なのでしょう。どこまでを見せ、どこから隠すのかで、印象は大きく異なります。周囲のモテる女性を観察してみると、そのヒントが見つかるのではないでしょうか。

■まとめ

男性を追いかけて追いかけて……恋をダメにしてしまう女性ではなく、男性から追いかけられ、幸せな恋をする女性になりたい! と思ったら、ぜひみんなの意見も参考にしてみて。ほんの少し自分の生活にコツを取り入れるだけで、恋の模様も劇的に変化するのかもしれませんよ。

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月14日~2016年11月24日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]