お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

フェ、フェロモン!? 実は好きな彼女のクサいニオイ5つ!

ファナティック

自分の恋人には、「良い香り」がする人であってほしい!と願うのは当然のことです。しかし一方で、相手のことが好きだからこそ、「クサいけれど、実は何気に好き!」と思うようなニオイもあるのではないでしょうか。男性が好きな女性のニオイとは? 「クサいな」と思いつつ、実は夢中な香りについて、アンケートで聞いてみました。

化粧品・香水のニオイ

・「お風呂上がりの化粧水とかのニオイ」(30歳/電機/その他)
・「香水。最初は嫌だったけど慣れるといい香りに感じるようになる」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

化粧品や香水に慣れていない男性にとっては「クサい」と感じるかもしれませんが、こちらはまだまだ良い香り。いつも彼女のニオイを嗅いでいると、「そのニオイがないと、なんとなく物足りない……」と思うようになるのかもしれませんね。

汗のニオイ

・「一日着た汗クサい服のニオイとか好き」(30歳/建設・土木/技術職)
・「汗のニオイ。色っぽい感じもするから」(27歳/機械・精密機器/営業職)
・「汗のニオイ、普段気を使ってあまりニオイがしないのに、夏などたくさん汗をかくときに少しニオイがしたとき」(28歳/商社・卸/営業職)

汗のニオイに対して、さまざまな対策を取る女性たち。しかしそんな努力を、バッサリと切り捨てるような意見もチラホラ……! 「汗クサいのも好き」と言ってくれるのは嬉しいですが、やはり「嗅がせたくない」のが女性たちの本音かも? 彼に気づかれて恥じらう様子も、またツボなのでしょう。

頭皮のニオイ

・「頭皮のニオイ。シャンプーと体臭がまじりあったニオイ」(34歳/その他/販売職・サービス系)
・「シャンプーをしていないときの髪の毛のニオイ。特に理由はわからないけどなんとなく好き」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

汗のニオイに、その人自身の香り、そしてシャンプーのほのかな香りがまじりあった「頭皮のニオイ」は、その人独自のもの。「このニオイ、好き!」と思えたら、実は相性が良い証拠なのかもしれませんね。

おならのニオイ

・「おならのニオイは、クサいと思いつつ、クサいことを確認したい」(28歳/情報・IT/技術職)

まるで小学生男子のようなノリで、恋人のおならのニオイを嗅いでしまう方もいるようです。おならのニオイは、そのときの健康状態によっても左右されるもの。体内美人で「無臭」を目指しましょう!

足の裏のニオイ

・「足の裏のニオイは特別感があって嫌いじゃない」(33歳/その他/その他)
・「めっちゃクサい足の香り、慣れるとよい?」(26歳/情報・IT/営業職)

より刺激が強いニオイを求めて……女性の足の裏にまで挑戦する意見もありました。もしもこんなことをされたら、思わず叫んでしまう女性も多数!? 完全なニオイフェチを受け入れるまでには……少し時間がかかりそうです。

フェロモン!?

・「脇のニオイ。メス特有のいい香りがするから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「脇の下のニオイを嗅ぐと安心するから嗅ぎたい」(31歳/情報・IT/その他)

汗やムダ毛など、女性にとっては気になるポイントも多い脇は、フェロモンの役割も担っています。つまりは、異性に対して性的な魅力をアピールしている、ということ。特に排卵の前は、女性のニオイが強まりやすいと言われています。異性を呼び寄せる魔法のニオイと言えるのかもしれませんね。

まとめ

クサいクサいと思いながらも、いつの間にかとりこになってしまうのが、恋人のニオイなのかもしれませんね。とはいえ、「どれだけ好きでも、クサイのは無理!」と感じる男性も少なくありません。やはりニオイケアは慎重に行った方が良さそうですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数143件(22~38歳の働く男性)

※この記事は2016年11月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE