お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ガッカリ……! 付き合って「死ぬほど後悔した」彼女の特徴・6つ

ファナティック

恋が実り、カップルになる瞬間には、大きな幸せを実感できるもの。しかし残念ながら、幸せはすぐに終わり、「別れ」に至るカップルも少なくありません。中には「ぶっちゃけ、付き合わなければよかった!」なんて、苦い思い出に変わってしまうケースも……!? 今回は社会人男性に、「付き合って後悔した彼女」の特徴を聞いてみました。

浮気性

・「浮気をされてしまった。酒好きで、飲みに行ってしまい男と浮気をされた」(39歳/その他/営業職)

・「男遊びがなかなか激しい。けっこうまわりに手を出していた」(31歳/医療・福祉/専門職)

真剣な恋がしたいと思っていたのに、相手にとっては「単なる遊び」だったとしたら、傷つくのも当たり前。付き合って後悔するだけでなく、女性不信に陥ってしまいそうですね。

お金目当て

・「お金のために利用されました。思い出したくない」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「自分のことを好いてくれていると思っていたのに、金銭目当てだった」(30歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

恋人ではなく、単なる財布……! こんな事実を知ったときの衝撃は、はかり知れません。どれだけ好きでも、お金の問題はシビア。今後は、利用されないように、女性を見極める目を養うといいかもしれません。

ネガティブな彼女

・「いろんな面でだらしなかった、話が暗くて気分が悪かった」(30歳/アパレル・繊維/技術職)

・「気がつくとすぐに人の欠点を口にする女。こちらもネガティブな気分になるから」(39歳/その他/クリエイティブ職)

彼女の言葉がいちいち胸に刺さるような場合、結局「相性が悪かった」ということなのでしょう。無意識で彼をウンザリさせている可能性もありますから、できるだけポジティブな言葉を使うよう意識するのがオススメです。

束縛する彼女

・「すごい依存型で常にどこにいるのか聞いて来たりメールをすぐに返さないと大量のメールが送られてきたり、1番ひどいのは勝手に家の合いかぎを作られていたこと」(31歳/その他/その他)

・「重い。束縛が激しく、自分の思いと同じようにしてほしい。態度でわかってと言ってきたとき」(27歳/医療・福祉/その他)

圧倒的に不人気なのが、彼を束縛する彼女です。とはいえ、どこからが「束縛」なのかは、人によっても感じ方が異なるもの。「これはやめてほしい」など、自分の気持ちを率直に伝え、また伝えられたほうも素直に受け入れる努力が必要なのでしょう。

不安定な彼女

・「さっきまで楽しそうにしていたのに、急に黙って不機嫌になったり、物ごとがうまくいかないと人が変わったかのように泣きわめいたりすることがある。情緒不安定すぎる女」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「体裁や周囲の評価ばかりを意識したり、自分が他人より劣っていないと見られたくて全体的に無理をして生活を送っている人。結局本当の自分というものがなく、つまらない人間だと思ったため」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)

身の丈に合わない生活をしていたり、精神的にもろそうな一面が見えたり……。彼女の不安定さを垣間見てしまうと、不安になる男性も多いようです。「自分のすべてを受け止めて欲しい」と思う気持ちもわかりますが、自分自身でなんとかする気持ちも大切ですよね。

まとめ

せっかく付き合ったのに、相手に後悔されてしまうのは、女性としてもつらいところ。確かな絆を育て未来へとつなげていくためにも、男性たちの意見も参考にして、後悔させないための努力をしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月18日~10月19日
調査人数:284人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE