お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ちょ、それいつ買った? 彼女が着てたらガッカリする下着6パターン

ファナティック

せっかくの彼とのデート、いざという場面でしくじりたくはありませんよね。自信をもってデートに臨むためにも、彼が喜ぶデザインの下着を身に着けていきたいもの。男性が思わずガッカリしてしまう、避けるべき下着のデザインとはどのようなものなのでしょうか。

機能性オンリーの下着

・「スポブラなどのインナーだと僕は興奮しません」(30歳/その他/技術職)

・「いくら寒いからといっても、ババシャツはないだろう」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

下着のラインが透けないことや動きやすさなどを気にすると、つい機能性重視で選んでしまいますが、彼に会うときは機能性オンリーの下着は避けた方がいいかもしれません。

年季が入っている下着

・「何年も使っていてボロボロのもの」(23歳/その他/その他)

・「よれよれの下着。リボンが取れかけていたり、糸がほつれていたらガッカリする」(24歳/その他/営業職)

物を大切に使うことはいいことですが、「もう限界じゃない!?」と思われてしまうほど傷んでいる下着を着ていても、褒められることはないでしょう。

年齢不相応の下着

・「イラスト入りなどの子どもっぽい下着」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「キャラクターものやベージュ色で、年配の方々が着用しそうなデザインのもの。また、過度に幼いデザインのもの」(28歳/機械・精密機器/技術職)

下着を選ぶ際は、まずは自分の年齢を考えることが大切です。かわいいもの、大人っぽいものも、度が行き過ぎれば年齢不相応と思われてしまいます。

不潔な下着

・「シミなどがついている汚れている下着」(31歳/建設・土木/技術職)

・「シミ、汚れなどが付いていたり虫食い」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

不潔な下着を好むのは、一部のマニアのみです。着ている人にも衛生的に悪影響を及ぼします。下着はキレイに洗濯して、しっかり乾かしたものを着用しましょう。

カジュアルすぎる下着

・「ボクサーパンツみたいなもの。あまりセクシーさを感じられないから」(24歳/その他/その他)

・「しましまのパンツはダサいと思います」(34歳/食品・飲料/技術職)

メンズライクな下着を着ていると、なんとなく自分自身も活発になったような気分になりますが、脱がせたら自分と同じようなパンツをはいている女性には、男性も戸惑ってしまうようです。

触り心地が悪い下着

・「生地がザラザラしていて、肌触りが悪いものが嫌です」(27歳/情報・IT/その他)

・「テラテラの生地、毛玉のひどくついたもの」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

実はデザイン以上に重要な生地の感触。安っぽさは生地に現れてしまいます。ごわごわ・テロテロ・ピラピラとした生地は、履き心地も決してよくはないでしょう。

まとめ

これらの下着を持っている人は要注意。その下着を気に入っていて、家で着る分には問題はないのですが、彼と会うときはやめておいた方がいいかもしれません。下着が原因で彼の気持ちをなえさせてしまうことのないよう、見えないおしゃれにも気を配ることが大切ですね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月21日~10月23日
調査人数:185人(22歳~34歳の男性)
※画像はイメージです

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE