お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう捨てちゃえ! 彼氏との「別れを決意する」瞬間6つ

ファナティック

付き合っていると相手への情もわいてくるもの。少しくらいダメなところが見えても許してあげようかという気になりますが、そこを我慢しすぎるのは自分のためにも相手のためにもならないかも。今回は、女性たちがダメな彼と別れるなら「今しかない」と思う「彼との別れどき」について聞いてみました。

お金に対するだらしなさが見えたとき

・「お金のことで違和感があったらやめた方がよい」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「自立できていない人。自分の稼ぎ以上にギャンブルしたり、借金癖のある人。わかった時点で即別れる」(39歳/マスコミ・広告/営業職)

借金を繰り返したり、ギャンブルにハマったり。お金の使い方や価値観が自分と違い過ぎると感じたら、付き合いを終わらせるタイミングかも。将来的に彼と一緒に苦労する羽目になるのは、目に見えていますよね。

仕事への甘さを感じたとき

・「男性の場合は、仕事に身が入らない、いつも今現在より夢物語のようなことを話している人とわかったとき」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「まともに就職しないとき。将来を考えてないと思うから」(39歳/その他/販売職・サービス系)

仕事を一生懸命するのは自分のためでもあり、将来の生活を考えるためにも大事なこと。夢を語るのは良いとしてもそれを理由に仕事がおろそかになるような人では、結婚したとしても不安が大きいですよね。

注意しても治らないとき

・「同じことを3回注意しても直らない」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「一度されたら嫌な行動について注意したのに、再度同じことをされて怒るとどうでもいい理由を言ってきたとき」(24歳/その他/その他)

子どもではないのだから悪いと指摘されたところは自分で改める努力をするのが当然。でも、言い訳を重ねてそれを直そうとしない彼だと、他のことでもいい加減な態度を続けそうですね。

頼られすぎていると感じたとき

・「自分にいろいろと頼りすぎていること。自分でできることもやってと言ってくる」(23歳/その他/事務系専門職)

・「ヒモ状態だとして、それを改善しようとしなかったり、そのことを何とも思ってないとき。私を守るとか養いたいとかの意欲がないのが無理」(25歳/医療・福祉/専門職)

付き合っているならお互いが支え合うことは必要かもしれませんが、片方が頼りきりになると共倒れしてしまうかも。彼に頼られると頑張ろうという気にもなりますが、頼られすぎている、甘えられていると思ったら別れる潮時かもしれませんね。

直感的に「ダメだ」と思った瞬間

・「もうダメだなと思った瞬間。自分の直感はまんざらでもないから」(26歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「自分が嫌だなと思ったとき。そういうのが良いタイミングだと思うから」(33歳/不動産/専門職)

決定的なことがなくても、どこかでふと「もうやっていかない」と感じたら、自分の直感に従うのも正解かも。気づいていないだけで、それまでにいろいろなことを我慢してきた結論が出たのかもしれませんよね。

将来が不安になったとき

・「自分の将来が心配になったとき。一緒にいても楽しくないとき」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「結婚を考えたときに、生活のイメージができない。または、自分がつらい生活がイメージできたとき」(30歳/情報・IT/その他)

結婚後の生活がイメージできない彼だったり、将来に不安しか感じられない彼なら、とりあえず付き合い方を考え直すのも良さそう。彼が本気で将来について考えているのかどうか、しっかり話し合うことも大事ですね。

まとめ

恋人との別れを決意するとなると、自分にとっても重大な選択。一時の感情で簡単に別れてしまうと後悔しそうですが、しっかりと考えたうえで出した結論なら、あとは振り返らず前に進む方向で考えた方が良いかもしれませんよね。自分といることで彼がダメになっていく、自分もつらくなっていく。そんな付き合いを無理して続けていても幸せにはなれないと思いませんか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数205件(22歳~39歳の働く女性)

 

※この記事は2016年11月18日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE