お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うわ、きっつ~! 夫が「おばさん」認定する妻の特徴・5つ

ファナティック

パートナーとともに何年も過ごしていると、いつの間にか相手が老けたなと感じることもあるもの。結婚して子どもが生まれてからは、月日が経つのもあっという間かもしれませんね。既婚男性が、妻に対して「老けたな……」と思うことを教えてもらいました。

お腹が出てきた

・「お風呂上がりの裸でお腹まわりとかが出てきた」(36歳/不動産/販売職・サービス系)

・「抱きしめたときに、脇腹の贅肉がブヨブヨすること」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

昔はくびれのあるお腹だったのに、いつのまにかぽっこりお腹になっていて、年をとったなと感じることもあるようですね。

胸が垂れてきた

・「胸が垂れてきていること」(38歳/機械・精密機器/技術職)

年齢を重ねると、どうしても胸の位置が下がってきてしまうもの。昔のようなハリも失われがちです。

シワが出てきた

・「シワが隠しきれなくなってきたとき」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「顔のシワ。表情の変化で出るシワが老けたと感じる」(37歳/建設・土木/経営・コンサルタント系)

相手の顔にシワができているのを見つけたとき、老けたなと思うこともあるのでは。笑ったときの小ジワが戻らなかったり、ほうれい線が目立つようになってくると、感じるかもしれませんね。

体力がなくなった

・「昔より疲れやすくなったように感じたとき」(36歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

・「体力がなくなってきたこと。夜起きてられなくてそのまま寝てしまいます」(39歳/建設・土木/技術職)

お互いさまかもしれませんが、妻の体力がなくなってきたことに老化を感じる男性もいるようですね。夜、寝るのが早くなってくるのは、年をとってきた証拠かもしれません。

白髪が増えた

・「白髪の本数が増え、目立ってきたこと」(39歳/学校・教育関連/その他)

・「白髪が出てきたところ。白髪が出ても髪を染めないところ」(35歳/医療・福祉/専門職)

妻に白髪が生えてきたのを見ると、やはり年齢を感じますよね。白髪染めをしていないと、より老けて見えることもありますものね。

まとめ

結婚相手を見て、しみじみ老けたなと思うとき、お互いそれまで一緒に歩んでこられたことを思い返す人もいるのではないでしょうか。楽しいときも苦しいときも一緒に乗り越えてきたことが、シワの一つ一つになっていると思うと、相手のことを愛おしく思えそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月7日~11月8日
調査人数:156人(22歳~39歳の既婚男性)

※この記事は2016年11月18日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE