お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

耳かき? マッサージ? 彼女にされるのが好きなこと・6つ

ファナティック

彼が疲れているとき、がんばっているとき、そして特別なイベントのときなど……彼のために「何か気持ちがいいことをしてあげたい!」と思う女性もいるかと思います。具体的に何をすれば喜んでもらえるのか――気になるところです。彼が彼女にされて「気持ちいい!」と思うのは、どんなこと? 20代から30代の働く男性たちに、赤裸々な意見を語ってもらいました。

マッサージ!

・「マッサージ。マッサージ店のプロの男性マッサージ師のほうが力があるしうまいのはわかるが、彼女が一生懸命ほぐしてくれるほうが気持ちよく感じるので」(34歳/その他/その他)

・「マッサージはスキンシップができるのでよい」(38歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

疲れた体を癒してくれるのが、彼女の手によるマッサージです。女性ならではの柔らかい手を、存分に感じられることでしょう。コリをほぐしながら、二人のスキンシップにもなる時間。彼の「気持ちいい!」を聞くために、こっそり勉強してみては?

耳かき

・「膝枕で耳かきしてもらいたい」(22歳/学校・教育関連/その他)

・「膝枕で耳かき。リラックスできそう」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

こちらも、ラブラブカップルならではのイチャイチャシーンと言えそうですね。単純に「耳掃除をする」というだけではなく、「彼女の膝枕」とセットになっているところも、高ポイント! 休みの前の夜に、ゆったりまったり楽しみましょう。

甘えられること

・「甘えてくれる。自分に惚れている、好意を持ってくれているという雰囲気で接してくれること」(37歳/建設・土木/技術職)

・「寒いときになついてくる」(28歳/その他/その他)

彼女に甘えられると、「あぁ愛されているんだなぁ」と実感でき、それが「気持ちいい」感覚につながるのでしょう。とはいえ、「どんな甘え方でもOK」というわけではないはず。彼好みの甘え方について、こっそりリサーチしてみてください。

おいしい食事

・「朝起きたら先に起きてコーヒーを入れてくれる。今まで実際にしてくれた子はいなかった」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

・「気持ちいいとかいうより、弁当を作って欲しい、それだけで幸せになれる」(37歳/その他/その他)

自分好みのおいしい食事で満たされる瞬間は、確かに「気持ちいい」ものですよね。家庭的な雰囲気やふんわりとしたいい香りは、二人の空間をもっと居心地よくしてくれます。積極的に努力してみてはいかがでしょうか。

夜の時間

・「一緒に夜を過ごしてくれるとき」(35歳/その他/営業職)

「気持ちいい」と言えば、やっぱりコレ! 彼の気持ちが満たされれば、二人にとってもより充実した時間になるはずです。ちょっと恥ずかしい気もしますが、「どうされると気持ちいい?」とストレートに聞いてみるのもオススメですよ。

ちゃんと伝えてる?

・「ありがとうの言葉をきちんと言ってくれる事。当たり前になってきても感謝の気持ちを忘れずにいてくれるとうれしい」(34歳/農林・水産/その他)

・「あいさつしてください。無視しないで」(39歳/通信/技術職)

「そんなの当たり前でしょ!」と思いがちですが、お付き合いが長くなってくると、ついおざなりになってしまうことも……。初心に帰り、大切な言葉をきちんと伝えることで、彼だけではなく彼女も気持ちよくなれるのかもしれませんね。

まとめ

夜の時間に関わる意見が多かったものの、その一方で二人の心のつながりを意識するような意見も目立ちました。心も体も気持ちのいい時間を過ごすことができれば、二人にとってとびきりの思い出になりそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月2日~2016年11月7日
調査人数:401人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE