お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

こっそり暴露! 実は彼が既婚者だったらどうする?

ファナティック

恋をするときには、相手の素性をよく調べてから……というのが理想ですが、ときには「まず気持ちのほうが先に突っ走ってしまう!」なんてこともあるかと思います。この場合、「好きになっちゃったけど……実は既婚者だった!」という残念な事態も考えられます。そんなとき、あなたならどうしますか? 女性たちの意見を聞いてみました。

Q.あなたは、大好きな彼が、「実は既婚者だった!」と知ったら、どうしますか?

「別れる」……92.5%
「別れない」……7.5%

9割以上の女性が、「別れる」と回答。その理由もチェックしてみましょう。

<「別れる」という女性の意見>

■裏切りです!

・「それはもう無理なので。隠されていたことがもうショックだから」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「そんな大きなウソをつかれていた点でもう無理」(34歳/金融・証券/営業職)

・「既婚者なのに彼女を作るとか、人間のクズがすることだと思う」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

実は既婚者でありながら、その立場を隠して彼女を作ることは、完全な裏切り行為です。単純な浮気と比較しても、かなりタチが悪いと言えるでしょう。平気でそんなことができる人間だと知ったら……どれだけ大好きでも一瞬で冷めてしまいそうです。

■慰謝料問題

・「不倫事情に巻き込まれると慰謝料や子どもの将来、すべてに左右するから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「奥さんから訴えられるようなことはできない。だまされていたならともかく、既婚者であると知った上で関係を続けるのは犯罪だと思う」(31歳/その他/その他)

彼が既婚者ということは、彼の奥さんからしてみると、自分は「不倫相手」という立場になります。相手が既婚であることを知らなかった場合、慰謝料を請求されることはないと言いますが……証明するのも難しいですよね。

■時間の無駄

・「既婚者と付き合っても、自分の時間が無駄になるだけだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「不倫なんてその後、絶対に幸せになれないから」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

どれだけ大好きな彼でも、「不倫のその後」にまで思いを巡らせてみれば、答えはおのずと導かれるのかもしれませんね。幸せが見えない恋愛は、神経をすり減らすだけ。大切な時間を無駄にしないでください。

■現実に……

・「実際、2年間も隠されていてショックだった」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

こんなつらい経験を、実際にしたことがある! という女性もいるよう。真実を知ったときのショックの大きさは、はかり知れません。その後、男性不信に陥ってしまいそうです……。

では次に、少数派の「別れない」女性たちに理由を聞いてみました。

<「別れない」という女性の意見>

■流されちゃう……かも!?

・「意思が弱いから大好きなら自分から離れることができないかもしれない」(32歳/商社・卸/その他)

単なる「彼」ではなく、「大好きな彼」だからこそ、「いけないこと」とわかっていてもやめられない……なんて方もいるのかもしれませんね。とはいえ、流されれば流されるほど、彼にとっては「都合のいい女」。大好きだからこそ、自分の意思を持つべきなのかもしれません。

■闘志メラメラ

・「絶対泥水をすすってでも奪ってやると思うからです」(24歳/電機/技術職)

・「略奪愛はロマンチックだと思うからです」(24歳/電機/事務系専門職)

こちらは逆に、メラメラと闘志を燃えたぎらせる女性たちの意見です。「奥さんから奪う」と言葉にするのは簡単ですが、奥さんがすんなりと諦めるかは疑問です。また「不倫である」ということを認知していれば、当然慰謝料を請求される可能性も。数百万の現金を支払い、「略奪愛」のレッテルを貼られてもなお、彼を愛し続けられるのか――。冷静に考えたほうがよさそうです。

まとめ

大好きな彼が実は既婚者だったなんて……想像したくもない問題です。情熱のままに突っ走ってしまうこともあるかもしれませんが、楽しいのは一時だけ。慎重な一面を併せ持つことで、トラブルを避けたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月4日~11月15日
調査人数:107人(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE