お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「周囲にうらやましがられるカップル」が欠かさずしていること5つ

ファナティック

誰が見ても「理想的なカップル」と、うらやましく思ってしまう男女、見かけたことがある人も少なくないと思います。そして、できることなら自分も、「彼らと同じようなカップルになりたい!」と望んでいる人もいることでしょう。ところで、そんな「人々からうらやましがられるカップル」には、何か特別な習慣があるのでしょうか? 「うらやましがられるカップル」が欠かさずしていることを、女性のみなさんに聞いてみました。

(1)思いやりを心がける

・「思いやりを忘れないこと。そういうのは伝わるものだから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お互いを思いやることだと思います」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

自分のことばかりを優先するのではなく、相手への思いやりの心があれば、自然とお互いを愛し、愛される関係になっていくはず。思いやりを持つことは大事な愛情表現です。周囲のカップルにも、お互いへの気遣いや尊敬を忘れないステキなカップルはいませんか?

(2)一緒の趣味を持っている

・「2人の趣味を一緒に楽しみにしている」(22歳/商社・卸/事務系専門職)

・「一緒に同じ趣味を持って楽しむことが私の理想だしうらやましいと思います」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

お互いが別々の趣味を持っていて、そのことを尊重することも大事ですが、一緒の趣味があれば、2人で楽しむことができます。2人で釣りに行ったり、サイクリングをしたり……。趣味を楽しむデートをするカップルにはあこがれますよね。

(3)会話を大事にしている

・「お互いのことを話す。会話が大事だと思う」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「お互いの話を聞く時間をきちんと作っている。いつまでも仲よくいられるように」(32歳/自動車関連/技術職)

いつも一緒にいるから、という理由で会話をおろそかにしてしまうと、次第に相手への理解が薄れ、同時に、興味まで失ってしまうかもしれません。会話の時間を大事にし、相手がどんなことを体験したか、どんな気持ちなのかを常に知っておけば、大切な人を思いやることにも繋がります。

(4)「好き」を伝える

・「いつもお互いに好きだよと伝えること」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「好きと伝え合うこと。付き合いが長くなっても、気持ちを伝え合うことで、絆を深めている気がする」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

付き合ってしばらく経つと、逆に「好き」とわざわざ面と向かって言うことが恥ずかしくなる、そんなカップルもいるでしょう。でも、恥ずかしさを優先して言葉での愛情表現を怠っていると、いつしか相手の愛情を疑うようになってしまうかもしれません。恋人の愛情を信じるには、言葉で伝えることも大切ですよね。

(5)毎日連絡しあう

・「毎日欠かさず電話して連絡を取り合っています」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「毎日電話。毎日声が聞けるなんてうらやましいから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

仕事が忙しくてなかなか会えなかったとしても、毎日、電話なり、LINEなりで連絡を取り合っていたら、心の距離も開かずに、2人の恋心も長続きするはず。彼から毎日連絡をもらえる女友だちを、「いいなあ」と思ったことはありませんか?

<まとめ>

誰もがうらやむカップルには、そう思われるだけの秘訣があるのです。彼らが日常的に行っている習慣こそ、その秘訣。彼と長く一緒にいたい、幸せになりたい、そしてできれば結婚を……などと考えている人はこんな習慣を見習い、理想的な関係を築いていってくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~2016年10月4日
調査人数:126人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE