お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

アラサー男性のぶっちゃけ! 「契約結婚」するのはあり? なし?

ファナティック

「契約結婚」とは、現在それを題材とした漫画原作のドラマが放送されている、架空の結婚のこと。その設定は家事を仕事としてお給料をもらう形式というもの。そこでもし自分が「契約結婚」をするとしたら……!? 今回は社会人男性のみなさんに聞いてみました。

<「契約結婚」するのはあり!>

■とにかく結婚したい!

・「あり。契約結婚でもいいから結婚したい」(38歳/情報・IT/技術職)

・「あり。結婚してないと周囲の目が気になるから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

世間の目は、未婚者に厳しいことがありますよね。仕事で業績を上げていても、未婚というだけで何か問題があるとまわりから思われるケースも少なくありません。「契約結婚」できたら世間体が保てるかも?

■メリット重視!

・「あり。それぞれの理由に応じてなので」(38歳/商社・卸/営業職)

・「ありです。いいところだけ契約で結んでしまえばお互い納得」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

妻や夫が家事好きでプロレベルの家事をこなしても、通常は賃金は発生しませんよね。もし家事が仕事になれば、お金を介して好きな生き方ができる人が増えるかもしれませんよね。

■恋愛に変わるかも!

・「あり。契約結婚から恋愛に変わることはありうるから」(39歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「あり。最初は愛情がなくても一緒に生活していく上で、だんだん好きになると思う」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

家事ができる女性が好きな男性は多いです。おそらく物語としての展開もそうなっていくのでしょうが、男女が契約でも結婚して共同生活をしていれば、恋に落ちるのも自然なことですよね。

<「契約結婚」するのはなし!>

■ハウスキーパーで○

・「なし。ハウスキーパーのほうが安上がり」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「なし。業者のサービスとしてあるので結婚するリスクをとる必要がない」(38歳/情報・IT/技術職)

実は、家事を業務としている職業は既に実在しますよね。昔は住み込みのお手伝いさんがいることも。契約でも結婚している間はほかの人と結婚できませんから、純粋に家事だけしてほしいという男性も多いようです。

■割に合わない

・「なし。1日の時間が奪われて、毎日が同じようなサイクルの仕事しかできないのはイヤだ」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「家事をするにしてもさせるにしても、十分な代価を支払える(もらえる)とは思えないので、完全な契約関係は築けないと思う」(38歳/機械・精密機器/技術職)

昔はともかく、今は住み込みで家事をするケースは少ないのではないでしょうか。1日中働いている女性は、ほかの業種では十分な賃金をもらえているかもしれませんが、家事でも同じように稼げるかはわからないですよね。

恋愛結婚したい!

・「なしだと思う。好きな人と結婚したいから」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「なしです。尊重はするが普通に結婚したい」(36歳/不動産/営業職)

現在は恋愛結婚が主流。結婚すると女性のほうにばかり家事労働が求められがちという不公平な一面もありますが、心から好きな相手となら協力して結婚生活を維持できそうですよね。

まとめ

男性が「契約結婚」するのはありorなしについて、いろいろな意見が寄せられました。果たして「契約結婚」から恋ははじまるのか?家事は仕事になるのか?など、「契約結婚」には興味深いポイントがたくさんありますよね。原作のほうもまだ終わっていないようなので、ぜひ合わせて見届けたいですよね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月2日~11月3日
調査人数:403人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE