お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

どんなに好きでも「結婚してはいけない」6タイプの男

ファナティック

恋は盲目と言いますが、自分にとっては誰よりも魅力的な人でも、周囲が見たら、「その男だけはやめとけ!」という人を選んでしまう女性も世の中にはいます。そして、周囲が止めるのも聞かずに結婚し、後悔することに……なんてことも。では、どういう特質のある人とは、どんなに好きでも結婚しないほうが賢明なのでしょうか? 働く女性たちに、その答えを教えてもらいましょう。

1.ギャンブル好き

・「ギャンブルが好きな人。絶対に苦労する」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ギャンブル好き。お金に苦労すると愛も消える」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

1カ月にほんの少しだけ賭けごとをする、程度なら気にしなくてもいいかもしれませんが、のめりこむくらいギャンブルにハマッている人は、やめたほうがいいでしょうね。いつか借金が膨れ上がり大変なことになりそうです。

2.マザコン

・「マザコン、もしくは母親の干渉がきつい男性。絶対に嫌な思いをするから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「明らかにマザコンだったら苦労しそう」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

「男はみんなマザコン」なんて話もありますが、極度のマザコン男性は、パートナーよりも母親を優先します。自分のことよりも、母親を取るような男性と結婚しても、きっと辛い思いをするでしょうね。

3.収入が不安定

・「収入が低く、将来性のない仕事をしている人」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「定職についておらず収入が不安定」(27歳/その他/専門職)

結婚はお金がすべて、なんてことは決してありませんが、それでも生活の基盤を支えるのはお金にほかなりません。生活の基盤を十分に支えられない稼ぎの男性は、よほどのことがない限りやめたほうがよさそうです。

4.モラハラ

・「モラハラな男性。絶対に幸せになれそうにないから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「モラハラ。どんどん大嫌いになりそうだから」(33歳/不動産/専門職)

女性の権利を軽視したり、おとしめたりするような発言をするモラハラ男性。彼らは自らのパートナーでさえ、そのゆがんだモラルで攻撃してきます。こういう偏った考えは簡単には治らないからこそ、結婚後のしこりになりそう!?

5.浮気性

・「浮気性の男性。結局自分が不幸になるから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「浮気ばかりする人、絶対治らないから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「もう二度としない!」と言って、本当に二度と浮気をしなかった男性はどれだけいるのでしょうか……。そう考えると、浮気の可能性がある人とは一緒になりたくありませんよね。あなたを本当に大事にしてくれる男性なら、最初から浮気心など芽生えないはずです。

6.他人を大切にできない

・「自分以外の人を守ったり、養ったりすることの意識が低い人」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「自分のことを大切にしてくれない人。結婚しても寂しくなりそうだから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

いくつになっても人間的に成長できず、他人を大切にしたり、思いやりを持つことができなかったりする人もいます。変化を待ちたい気持ちもわかりますが、永遠にそのままである可能性もあるので、選んで後悔することもありそうです。

<まとめ>

どんなに好きな男性であっても、その人のことを客観的に捕らえる目を忘れてしまうと、あとで痛い目を見るかもしれません。人生の大事な局面で判断ミスをしないためにも、「恋は盲目」な状態に陥らずに、相手をしっかり見ることを忘れたくないですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~2016年10月4日
調査人数:126人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE