お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

おいおい、マジかよ……! ドン引きする「貧乏くさい」女の特徴・6つ

ファナティック

将来のために節約するのは大事なことですが、やりすぎると「貧乏くさい」と思われてしまうこともありますよね。そこで今回は社会人男性のみなさんに「貧乏くさい女性の特徴」について、意見を聞いてみました。

割勘の計算が細かい

・「いちいち細かく割勘を計算したりする」(38歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「1円単位で割勘すると言ったり『お金ない』が口癖の女性」(22歳/運輸・倉庫/技術職)

割り勘の計算が1円単位など、あまりにも細かすぎると「ケチ」を通り越して「貧乏くさい」と思われるよう。割り勘のときは端数までこだわらないほうがいいかもしれませんね。

財布の中身が汚い

・「財布の中がレシートでパンパン。ポイントカード持ちすぎ」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「財布の中が整理されていないレシートなどグチャグチャで汚い人」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

「財布の中がレシートだらけになっている」という指摘もありました。ドキッとした女性も多いのではないでしょうか? 財布の中はいつもスッキリきれいに整理しておきたいですね。

無料のものを大量に持ち帰る

・「ホテルに置いてあるアメニティを持ち帰ったりする」(25歳/建設・土木/営業職)

・「ご飯を食べに行って、無料でもらえるものを大量に持って帰る人」(39歳/運輸・倉庫/その他)

無料でもらえるアメニティグッズやガムシロップなどを、大量に持ち帰るのも「貧乏くさい」と認定されるようです。いくら無料だとしても、使い切れないくらいの量を持ち帰るのはやめておいたほうが無難かもしれません。

割引シールが貼られるのを待つ

・「スーパー閉店のギリギリにいつも弁当を買いに行くような女性」(28歳/情報・IT/技術職)

・「割引シールを貼るのを待っている女性。せめて時間帯を把握してから自然に選んでほしい」(31歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

スーパーでは閉店間際に割引シールが貼られますよね。その時間帯を狙って行くのはよくても、割引シールが貼られるのをその場で待つのは「貧乏くさい」と思われてしまうことも。

包装紙や空き箱を取っておく

・「チラシや包装紙などあらゆる物をリサイクルとして取っておく」(38歳/医療・福祉/営業職)

・「元は製品が入っていた容器(空き箱など)をいろんな場所で再利用? している」(35歳/情報・IT/技術職)

ブランド物の紙袋や包装紙、空き箱など、なかなか捨てられない人は多いですよね。「何かに使えるかも」と思うものの、実際には使いみちがないものが多いので、思い切って捨てたほうがよさそうです。

髪の毛がゴワゴワ

・「髪の毛がバサバサしているとしっかりケアしていないようにみえる」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「入浴を数日控えているのかわからないが、髪がひどくゴワゴワになっているのを見ると、生活が大変なのかなと感じる」(28歳/医療・福祉/専門職)

見た目の特徴としては「髪の毛がゴワゴワしている」という意見もありました。見た目で「貧乏くさい」と思われるのは避けたいですよね。最低限の身だしなみはととのえておきましょう。

まとめ

割り勘の計算が細かったり、無料のものを大量に持ち帰ったりなどの行動は「貧乏くさい」と思われているようです。見方を変えれば節約意識が高いとも言えますが、極端すぎるのも考えもの。「節約上手」と「貧乏くさい」の差は紙一重と言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月18日~10月19日
調査人数:284人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE