お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本命にしてよっ! 女性が「自分から告白した理由」6つ

ファナティック

好きな人に告白するのには、かなりの勇気が必要ですよね。どちらかといえば、相手からしてもらいたいと思う女性が多いかと思います。ですが、相手が行動を起こすのを待てずに自分から告白する女性も。今回は、自分から告白したことがある女性に、その理由を聞いてみました。

それほど気持ちが大きくなった

・「それほど好きになってしまったから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「好きになりすぎて、相手からの告白を待てずに自分からしたことがある」(29歳/その他/クリエイティブ職)

相手を好きな気持ちが大きくなりすぎると、自分のうちにとどめておけなくなるようです。相手の告白をただ待つよりも、自分から気持ちを伝えたほうが関係の変化も早まりそうですね。

相手からは告白してくれなさそう

・「好きで伝えたいと思ったから。向こうから告白してくれる気がしなかったから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「相手からは告白してくれそうにないから、自分からした」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

相手の気持ちがわからないうちから告白するのには勇気が必要ですが、自分から告白しない限り関係が進展しないと感じたときには、思いきって告白するのも効果的かもしれません。

関係性をはっきりさせたい

・「いつまで経っても関係性がはっきりしなかったから」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「友だち以上恋人未満みたいな関係がずっと続いていて、はっきりさせたかったから」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

はっきりしない関係が長く続くと、どうしてもモヤモヤしてしまいますよね。恋人か友人かをきちんと明確にしたほうがすっきりしますし、どちらに転んでも気持ちが落ち着きそうです。

相手に気づいてもらうため

・「相手の眼中にないと思ったので、とりあえず眼中に入るため」(29歳/医療・福祉/専門職)

恋している相手があまり親しくない人や一方的に知っている人だと、どんなに待っていても自然に関係が進展する可能性はほとんどありませんよね。まずは存在を認識してもらうために、関係性を築くきっかけとして告白を選ぶ女性もいるようです。

他の人に取られたくない

・「うかうかしていると、他の人に取られる可能性もあるから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

片思いの相手が素敵な男性であれば、恋敵が複数いたって不思議ではありません。その他大勢の中のひとりという認識から脱すること、そして他の恋敵へのけん制も、告白することで一度に解決できます。

後悔しないために

・「後悔したくないのと、これ以上片思いし続けるのもと思ったから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「しないと後悔するような気がしたから」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

あのとき告白しておけばよかった、とあとから悔やんでもどうにもなりません。しない後悔よりする後悔ともよく言いますし、告白しないで後悔するよりも告白して後悔するほうが良いでしょう。

まとめ

自分から男性に告白した女性は、それぞれにいろいろな事情を抱えていたようです。告白することは、相手に自分を意識させるにはぴったりの方法でもあります。2人の恋愛を本格的にスタートさせるためにも、まずは女性から告白してみては?

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月14日~10月20日
調査人数:106人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE