お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

俺が原因で子どもができない……夫が離婚を考えた瞬間・6選

ファナティック

結婚生活が長い夫婦だと、一度や二度はパートナーと離婚の危機を迎えることもありますよね。口に出すことはなくても、つい心の中で考えてしまったこともあるのでは。離婚が頭をよぎった瞬間を、既婚者男性に打ち明けてもらいました。

ケンカしたとき

・「ケンカしたとき、ふてくされた態度がムカついたとき」(28歳/情報・IT/その他)

・「ケンカをしたとき、自分が生きて行くための資金をすべて私に稼がせようとしているような節を感じたとき。経済力だけが自分の魅力なのかと感じてしまうから」(33歳/電力・ガス・石油/技術職)

パートナーとケンカをしたとき、離婚を考えてしまう夫婦も多いのでは。毎日の積み重ねになったことが爆発してしまうと、大ゲンカに発展してしまうこともありますものね。

妻が出ていくとき

・「妻に家を出ていくと言われたときは、もう離婚だと感じた」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「妻がマジ切れして実家に帰ったときです。僕のゲームのし過ぎが原因でした」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

パートナーが怒ってしまい、実家に帰ろうとしたときは、さすがに離婚が頭によぎった人もいるようですね。相手の実家のご両親にケンカがバレると、離婚も真実味を帯びてきますよね。

子どもができなくて

・「子どもができないかもしれないと感じたとき。自身に原因があるなら身を引くべきだと感じた。相手に原因があった場合はそうは思わなかったはず」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「自営業をする前に子どもができなくて悩んだときは1回ありました」(34歳/アパレル・繊維/経営・コンサルタント系)

結婚しても、なかなか子どもに恵まれないこともあるもの。自分に原因がある場合に、身を引こうと思う男性は多いようです。

浮気がバレたとき

・「浮気がバレて、追求されたときによぎった」(35歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「女遊びが発覚してしまい、グチグチと面倒だったときは考えた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

浮気がバレて、ケンカから離婚まで発展してしまう夫婦も実際に多いもの。お叱りを受けたり、愚痴で済ませてもらった分、感謝をしたほうが良いかもしれません。

わがままに嫌気が差して

・「相手が理不尽なわがままを言ってくるとき」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「相手のわがままに嫌気が差して、嫌いになりかけた。相手に興味を失って離婚したくなった」(26歳/商社・卸/営業職)

いくら結婚生活に慣れてきたとはいえ、パートナーのわがままには慣れないという男性もいるようです。わがままが過ぎると、見切りをつけられてしまうこともあるので、気をつけたいですね。

お金を使いすぎたとき

・「私には内緒でブランドのバッグを買ってきたときは離婚してやろうかと思った」(28歳/その他/その他)

・「お金を使いすぎて生活費がなくなったとき。なくなってから知らされたとき」(28歳/運輸・倉庫/その他)

経済的なことでケンカになった場合、離婚のことを考えてしまうかもしれませんね。お互いの金銭感覚がかけ離れすぎていた場合、生活にも支障があらわれてしまうので、話し合いの必要が出てきそうです。

まとめ

ケンカをしたり、理不尽なことがあったとき、男性はつい離婚を考えそうになるようです。自分一人我慢していると、いずれは爆発してしまうこともあるもの。問題が起きたときは、その都度、2人で話し合って行くことが結婚生活には必要ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数195件(25歳~35歳の既婚男性)

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE