お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

肉食男子の上手なオンナの落とし方6つ!

ファナティック

草食系とか絶食系とか最近男性は女性に対して奥手というイメージが世間ではついていますよね。だからこそ「女性がもっと積極的にならなくては」と思っている女性も多いかもしれません。しかし、まだまだ肉食系男性はこの世に存在します。肉食系男性にされてドキッとしたアプローチについて、働く女性たちに実情を聞いてみました。

好き好き攻撃

・「とにかく『好き』『かわいい』をたくさん言われた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「『この世の中で俺以上に君を好きな人は現れない』と言われた」(33歳/不動産/事務系専門職)
・「すごい好きってのをアピールされすぎて引いてしまった」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

肉食系男性はとにかく真っ向勝負で攻めてくるようです。「女は押されたら落ちる」という考えがあるのか、何度も何度も「好き」と言われたら女性の心も動いてしまうものなのでしょうか。

デートに誘いまくる

・「2人きりでのデートに積極的に誘われた」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「『好きだ』とか『デートしよう』とかしつこく誘われたから」(29歳/その他/クリエイティブ職)
・「頻繁なデートのお誘い。デート中もひたすら見つめる&褒めてくる」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

とにかく2人きりの時間を作るためにデートのお誘いをするのは肉食系男性にとっては当たり前。女性の時間を自分で一杯にしてしまえば、女性の心も彼で一杯になっていくのかもしれませんね。ただし、あまり強引なのは女性も引いてしまうようです。

とにかく力攻め

・「急に体を引き寄せられてキスされた」(25歳/その他/専門職)
・「飲んでいて『今夜来ない?』って抱き寄せて言われたときはびっくりしたけど、目がきれいでいい匂いもしたのでドキッとしました」(24歳/その他/営業職)
・「無理やりホテルに連れ込まれそうになったが、気になってた人なので嫌ではなかった」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

とにかく自分の気持ちを行動に移すのも肉食系男子の特徴です。意外なのは、力任せにキスをされたり、抱き寄せられて胸がときめく女性が多いこと。女性はやはり力強い男性に心を惹かれてしまうものなのかもしれませんね。

断られても屈しない心を持っている

・「アプローチしてきて、こっちが断ってもガツガツさらにアプローチされて、逆に好きになってしまった」(27歳/医療・福祉/専門職)
・「食事に誘われてやんわり断ったら普通の人はそこで終わりなのに、具体的に空いている予定を聞かれて、なんとか約束を取り付けようとしてきたこと」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

女性が少し困ったり、断りたいなと思っているのを察して身を引くのが普通かと思いきや、肉食系男性はそんなことでは屈しません。どうにかして約束を取り付けて、彼女の気持ちを変えさせようとするのです。実際にその作戦で好きになってしまった女性もいるのです。

とにかく連絡先をゲットしたがる

・「『電話番号教えて』と言われた。積極的でドキドキした」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

最近では男子から連絡先を聞くことも少ないのか、電話番号を聞かれるだけで女子は肉食系男性という認識をするようです。

肉食系男性は言葉を上手に操る

・「LINEでべた褒め。思わせぶりな言葉を言われて」(35歳/医療・福祉/専門職)
・「飲み会で口説かれる。いろんな人にしているのだろうけどドキッとした」(34歳/金融・証券/営業職)

口が上手くきっと誰にでも言ってるんだろうなとは思っても、いざ自分に言われたらドキッとしてしまうのが女心ではないでしょうか。思わせるぶりな言葉を言われるとどう反応して良いのかわかりませんよね。

まとめ

昔ほどは多くはないかもしれませんが、肉食系男性は確かにまだ存在しており、「男性から言い寄ってほしい」「もっとガツガツ来てほしい」という女性にとっては、肉食系男性のアプローチは嬉しいもののようです。諦めずに何度も言い寄ってこられると「それほど私のこと好きなんだ」と思ってしまいますよね。ただし、全く気がない場合は、最初からはっきり断らなければ何度もしつこくされてしまうかもしれないので注意しましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数131件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE