お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子のほうが精神年齢が上なぁと感じた瞬間6選

ファナティック

ゲーム頼りがいがあり、仕事ができる男性たち。一方で、男性よりも女性のほうが精神年齢は上になる傾向があるといわれていますよね。今回は、女性がそれを実感したエピソードを特集。男性の「幼さ」とは?

趣味の世界に浸る

・「趣味の話になると盛り上がってまわりが見えなくなって、自分たちだけの世界を作ってしまう男性を見たとき」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「趣味に熱中してこちらが話しかけても耳に入らないとき」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

世の中にはいろいろな趣味がありますよね。それに熱中するのは構わないのですが、男性は女性よりも趣味の世界に没頭しがちなようです。それが許されるのはうらやましい話ですね。

ゲームで遊ぶ!

・「いつまで経ってもゲームで遊んでいる。けっこうな金額を課金しているところを見て男性は子どもだなと思った」(30歳/ソフトウェア/技術職)

・「彼氏が3つ上なのにポケモンにはまっていて、子どもだなーと思った」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

2016年夏に配信された、スマホのアプリゲームが社会現象にまでなったことは記憶の新しいですよね。今でも現役でゲームで遊んでいる人口は、男性のほうが多いかもしれません。

おもちゃを購入

・「おもちゃなどを買う」(33歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「プラモデルなどのおもちゃで遊んでいるのを見たとき」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

ラジコンやプラモデルなどが男性の大人のホビーグッズとして紹介されることがあります。では女性は大人になってもそういったホビーグッズで遊ぶかというと、ちがいますよね……。

大人なのにバカ騒ぎ!

・「35歳にもなって、私の前で腹踊りをする」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「飲み会の席で、酔ってバカ騒ぎしてる姿を見たとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いくつになってもバカ騒ぎできるのは、男性の特権!? 統計を取ったわけではないのですが、バカ騒ぎできる男性の年齢や、既婚者と未婚者のちがいにあまり差はないような気がしますね。

打たれ弱い!?

・「イヤなことがあったときの対応が、女性のほうがスマート」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「本当にピンチになったときに、意外とそれに立ち向かって壁を突破するのは女性が多いと思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

人生ではいろいろなピンチに見舞われることがありますが、その際、男性の対応に問題点を見つけてしまった女性も。意外と真正面から解決しようと、はたらけない人もいるようですよ。

話の内容が幼い

・「話している内容が子どもっぽかったり、物事を自分の考えだけでしか見ることができない」(26歳/金融・証券/専門職)

・「話の内容が幼稚である。アニメの話とか」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性が熱心に話している内容を聞いていると、ロボットアニメについての話題だったのでしょうね。プライベートでは、あまり実用的なことや現実的なことに縛られない自由さがありますね。

まとめ

こうして見ると、男性たちは意外と子どもっぽい面を残したまま成長するようですね。男性受けするタイプの女性には幼さより真面目さ、気配りなどが求められがちですので、自由な男性にうらやましさを感じることもあるかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数117件(21歳~36歳の働く女性)

※この記事は2016年11月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE