お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

バカなの? 全然自慢になっていない「○○自慢」6選

ファナティック

話をしているときに、ウンザリしてしまうのが自慢話ではないでしょうか。聞いているほうからすると、なんの自慢にも聞こえないこともありますよね。今回は全然自慢になっていない「○○自慢」について、働く女性にどんなものがあるか答えてもらいました。

<全然自慢になっていない「○○自慢」>

■寝てない自慢

・「寝てない自慢。仕事忙しいアピールマジむかつく。『すごいね』とかしか会話が広がらない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「寝てない自慢。自己管理ができていないのと同じことだから、何もすごくない」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

会話の中で寝てない自慢をする人もいますよね。聞いているとうっとうしく感じることもあるのではないでしょうか。共感したり、ほめてもらいたいのかもしれません。

■昔は悪かった自慢

・「昔は悪かった自慢。恥ずかしいことをわざわざしゃべるなと思う」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「昔悪だった自慢。むしろ人生の汚点と思って、反省すべきだと思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「昔は悪かった」というのは、本来であれば自慢することでなく、恥じることですよね。本当に悪かったと思っていれば、話したがらないのではないでしょうか。

■病弱自慢

・「病弱自慢をする人。季節の変わり目には風邪をひきやすいだの、台風が近づくとひざが痛むだのと言うので、情けないなと思います」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「病弱自慢。基本的に悪いことはあまり人に言うべきことではないと思うから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

病気になりやすいというのは、自分が弱いことの証明ですよね。男性がそれを話しても、かわいそうには思えても、キュンとくる女性はいないかもしれません。

■不幸自慢

・「不幸な自慢や自分の悪いことは自慢にならない」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「不幸自慢は全然自慢にならないとつくづく思うから」(29歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

自分の不幸を話すのは、謙遜の意味もあるのかもしれません。でも、なぜだか不幸自慢をしてしまう人もいるようです。

■忙しい自慢

・「仕事忙しい自慢、要領が悪いだけの場合があるので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「忙しい自慢。予定が多いということを言われてもなんとも思わない」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

忙しいかどうかを判断するのは、自分ではないのかも。本当に忙しくても、それを自慢げに言ってしまったら、要領が悪い人と思われてしまうかもしれません。

■彼氏自慢

・「彼氏自慢。いくらすごくても人のこと」(23歳/建設・土木/技術職)

・「彼氏の職業自慢。それはあなたじゃなーいと言いたい」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

彼氏の自慢をする女性も多いのではないでしょうか。虎の威を借る狐ではありませんが、彼氏がすごいだけですよね。

<まとめ>

いろんな自慢話がありますが、中には自慢でないことも多いのではないでしょうか。どんなことであっても、人と比べたときに優劣をつけたがっているのかもしれません。たとえば、不幸自慢で勝っても、実際には負けているということになりますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年10月27日
調査人数:107人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE