お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見よ、このラブラブっぷり!「彼との密着2ショット」撮影シチュエーション5つ

ファナティック

いつも一緒にいる恋人同士でも、写真を撮るときはちょっぴり至近距離になりドキドキしますよね。ラブラブ2ショット写真は憧れますが、はたしてどんなシチュエーションで撮影することが多いのでしょうか。今回は女性たちに、ラブラブ写真を撮影した時について聞いてみました。

観光地でツーショット

・「旅行先の観光地で、ツーショットで撮ることがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「小笠原諸島。ハートロック(巨大なハート型の岩)の上で」(31歳/その他/その他)

旅行中は、思い出のために撮るというカップルも多そう。観光地なら照れ屋な彼でも素直に写真に応じてくれそうですね。

顔を寄せ合って

・「キレイな景色が見える絶好の場所で、二人で顔をくっつけて撮った写真」(25歳/その他/事務系専門職)

・「キレイな花畑をバックに、顔を寄せ合って写真に撮った」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

ただ二人で並んでいるだけではなく仲良さげに顔を寄せ合ってツーショット。ラブラブ写真ではよく見かける構図ですね。

観覧車の中で

・「観覧車の中など二人の空間で撮影することが多いです」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「観覧車のてっぺんで夜景を背景に取りました」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

昼間ならキレイな景色、夜なら夜景が楽しめる観覧車。二人っきりの空間でもあるだけに思う存分ラブラブな写真が撮れそう。誰も見ていなければどんなポーズで写真を撮っても恥ずかしくないですよね。

自宅で

・「一緒に部屋にいるときに何度もしつこく写して厳選したもの」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼氏の家で、チューしてる写真」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

お家デートのときにツーショットを撮りまくっているというカップルや、キス写真を撮るカップルもいるみたいです。

他の人に撮ってもらった

・「手を繋いでいる写真を後ろから撮ってもらったことがある」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「夜景の見えるレストランで、レストランの人に撮ってもらった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

見られていると思うと照れてしまいそうですが、良い記念になりそうですね。

まとめ

スマホで手軽に取れるツーショット。最近はいろいろな場所でラブラブ写真を撮影しているカップルを見かけたりもしますよね。もちろん、記念撮影をするのは悪いことではないし、仲が良いところをアピールするのも良いのですが、撮影中に自分たちの世界に入り過ぎると人の邪魔をしていることに気づかないことも。ラブラブな時間も周りの人への気遣いは忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月14日~11月1日
調査人数:128人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE