お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子が「ケチだと思った男性」の特徴6つ

ファナティック

オフィス女性と食事に行くときは、少しでも見栄を張ろうと、女性の前で頑張る男性も多いですよね。でも中には、自分のお財布のことしか考えていない人もいるものです。女性が感じた、「ケチだな」と思う男性の特徴をまとめてみました。

クーポンを持ち歩く

・「お財布がクーポン券でパンパンだった人」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「クーポンをいつも持ち歩いている人」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

少しでも支払いを安くするために、クーポンチェックを欠かさない男性もいるもの。常にクーポンを持ち歩かれていると、行きたいお店にも連れていってもらえないような気がしますよね。

1円単位で割り勘にする

・「一円単位で割り勘して、割り切れない分は他人に多く支払わせる男。一円のことだが、セコイと思った」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「1円単位で割り勘を要求してくる人」(33歳/不動産/専門職)

男性の中には、1円単位まで割り勘をする人も中にはいるもの。せめて端数は自分が払うぐらいの男気を見せてほしいですよね。

金額でお店を選ぶ

・「外食するとき、すぐに入らずにお店の前でメニュー表や料理の模型をじっと見て、『ここは高そうだから別の店にしよう』『これは高いな、こっちが安いからこれで』などと言い出す男」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「金額で飲食店を選ぶ男性。食べたいもので選んだほうが幸せなのに、と思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

外食に出かけるときに、一番つまらないのが、金額でお店を選ばれることかもしれません。上限を決められてしまうと、食べたいものも食べられませんものね。

おごらない

・「800円のオムライスをおごってくれなかったとき」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「おごってくれない」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

どんなときにも、絶対に人におごらない男性もいますよね。これぞケチの鏡といえるのではないでしょうか。

無料のものは何でももらう

・「タダでもらえるものは何でも持って帰る。スーパーのナイロン袋やお総菜売り場のしょうゆやソース類」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

お店などで無料で配布しているものは、一つ残らずもらうという男性も。まるで主婦の鏡のようですが、一緒にデートに行きたいとは思いませんよね。

オーダーをケチる

・「料理をオーダーするときに値段を気にする」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「食事に行ったときにドリンクを無料の水で済ます男性」(32歳/自動車関連/技術職)

メニューを見て値段を気にされてしまうと、自分も相手よりは高いものを頼みづらくなりますよね。予算を決めて食事にいくのではなく、お店にいって考えるのが、ケチならではかもしれません。

まとめ

節約とケチでは大きく意味も変わってきますよね。物を大事にするための節約には協力したくなるものですが、利己だけを考えているケチには、協力なんてしたくならないもの。自分の欲だけを考えて行動していると、周りからも人がいなくなってしまうかもしれませんね!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数103件(22歳~36歳の働く女性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE