お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

夫婦の秘密大公開! どんなLINEしてるか妻に聞いてみた。

ファナティック

友だちや恋人と日常的にメールやLINEで連絡を取り合う女性は多いですよね。では、結婚して夫婦になったら連絡を取る頻度や内容というのは変わるものなのでしょうか。今回は、夫婦間のメールやLINEの内容とどのくらいの頻度でやり取りをするのかについて既婚女性のみなさんに聞いてみました。

子どもの様子を報告

・「日中の子どもの様子や出来事を報告するメッセージを送る」(33歳/その他/その他)

・「子どもの写真を毎日送ってます。それを見て頑張れると旦那が喜んでます」(31歳/その他/その他)

夫が仕事に行っている間に家で子どもがどんなことをしているのかを報告するために連絡を取るという女性は多いよう。夫婦のためのやり取りというよりも、子どもの成長報告といった意味合いのようですね。

帰宅時間の連絡

・「『いま仕事あがったよ』『あい』←毎日この程度。あがってから炊飯器のスイッチを入れているので」(35歳/その他/その他)

・「仕事から帰って来るときに、今から帰るよのLINEは必ず送ってくれます」(32歳/その他/その他)

帰宅時間が一定でない夫からは、帰宅時間を知らせる連絡がもらえるとうれしいですよね。食事を作って待っていたのになかなか帰って来ないとそれだけでイラッとしそう。「帰るコール」があるだけで、余計な手間も減りそうです。

スタンプの応酬

・「スタンプ打ち合いっことかくだらないやり取り」(28歳/その他/その他)

・「スタンプの送り合いをして笑かしあい」(30歳/その他/その他)

どちらかがスタンプを送ったら同じようにスタンプを送り返す。友だち同士でもよくやるスタンプの応酬は夫婦になっても普通のやり取りのようです。新しいスタンプを手に入れたらすかさず送るという人もいそうですね。

買い物のお願い

・「週に3、4回。『帰りに○○買ってきて』や、『今ドラッグストアにいるんだけど、何か買って帰るものある?』など生活に関すること」(30歳/その他/その他)

・「買い物の内容ばかり。また、買い物先でイベントを見つけると呼び出す」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

仕事帰りに買い物をお願いするためにやり取りをすることが多いという女性も。夫婦間のメールやLINEは甘い言葉をささやくというよりは、完全に業務連絡のようになっているという人も少なくないようですね。

マメに連絡を取り合う

・「1日に10回程度。相手がマメなので、会社についたら、会社についたよ、お昼の休憩もお昼だよ、帰るときもこれから帰るね、今でも記念日には0時ピッタリに記念日LINE送ってくれます」(32歳/運輸・倉庫/専門職)

・「毎日何度も。くだらないことから連絡事項まで」(28歳/その他/その他)

お互いにマメに連絡を取り合うタイプなら、付き合っていたときも結婚後もあまりやりとりに変化はなさそう。1日の中で時間があれば夫や妻にメールやLINEを送る夫婦。仲が良さそうでほほ笑ましいですね。

まとめ

一緒に住んでいれば面と向かって話す時間も多いだけに、わざわざメールやLINEを使うこともないと思うのかと思いきや意外と日常的に夫婦のやり取りをしている人も多いようですね。たあいもないやりとりから業務連絡そのものといったシンプルなものまで、内容もいろいろですが夫婦が頻繁に連絡を取り合うのはコミュニケーションとしても役に立ちそう。ゆっくり話をする時間が取れないときでも、便利なツールを使いこなせば夫婦がつながっているという安心感が持てそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数219件(25歳~35歳の既婚女性)

※この記事は2016年11月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE