お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

夫婦とは何か~仲のいい夫婦が絶対にしないこと~

安東徳子

いつまで経っても仲のいい夫婦を見ると、うらやましい気持ちになりますよね。どうしたら夫婦円満でいられるのでしょうか。

今回は、夫婦の定義や仲のいい夫婦でいるコツを解説してきます。

入籍=夫婦ではない! 結婚式=夫婦でもない!

友だち夫婦、歳の差夫婦、週末夫婦、夫婦には数えきれない形がありますが、そもそも夫婦とはなんでしょう?

夫婦って何?

キリスト教の教えに、『地上の天使』という物語があります。

空を飛ぶ天使は2枚の羽根をもっているが、地上の天使、つまり私たち人間は生まれたときに羽を1枚しかもっていない。しかし、結婚して夫婦になると2人の羽根を合わせて2枚の羽根を持ち、空を自由に飛べるようになるのだ、という話です。

これは、私たち人間は、夫婦になってはじめて完成された存在になるのだという比喩です。確かに、夫婦だとより豊かな人生を送れそうなイメージがあります。

現在、未婚率が上昇していますが、一方で再婚率も上昇しています。つまり、結婚の経験がない人はなかなか結婚しないけれど、一度結婚生活を経験した人は、その価値がわかるので、再び結婚を望むことが多いということです。夫婦生活には、ごきげんな魅力がたくさんあることを、誰もが直観的に理解しているということなのでしょう。

仲のいい夫婦とは

「○○さんご夫婦は仲がよくてうらやましいね」
「○○ちゃんのパパとママはとっても仲がいいんだって!」

大人でも子どもでも、「仲のいい夫婦」という言葉を耳にしただけで、うらやましい気持ちになりますし、何よりも夫婦にとっての最高のほめ言葉ですよね。

それでは、仲がいい夫婦とは、どんな夫婦なのでしょう?

仲がいい夫婦=喧嘩しない夫婦では決してなさそうです。というのも、一度も喧嘩したことがなくても冷めきった夫婦もたくさんいるからです。

仲がいい夫婦とは、「ごきげんでいる努力をする夫婦」ではないでしょうか? 妻がいつもイライラしていては、次第に夫は家に帰るのが憂鬱になります。夫が感情をむき出しにしていると、妻は夫の帰宅が憂鬱になります。逆に、顔を見れば仕事の悩みも消えてなくなるような存在の妻だったら、夫は毎日一緒にいたいと思うでしょうし、夫の優しい笑顔を見るだけで安心できれば、妻は夫といつも一緒にいたいと思うでしょう。

仲のいい夫婦とは、「いつも会いたい存在」であること。

つまり、会えばいつもごきげんになれる存在であること。これば仲のいい夫婦なのでしょう。

仲のいい夫婦でいることで、人生がより“ごきげん”に満ちたものになります。ごきげんでいると学習能力や記憶力、代謝率、免疫率が上がることは証明されており、“ごきげん”は、幸せな人生の大切なサプリメントであるといえます。

既婚者のほうが独身者より健康で長寿である、という統計もあるように、仲のいい夫婦生活を過ごすことは、精神的な面だけでなく、身体的なメリットもたくさんあるんですね。

次ページ:仲のいい夫婦までの道のり

お役立ち情報[PR]