お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子が不快に感じたキス6種

ファナティック

うーてした唇相手のことを受け入れることができるキスは、とてもデリケートなもの。相手のことを信頼していなければ、キスそのものが不快に感じてしまうこともありますものね。これまでに経験した、不快だったキスやちょっとイヤだったキスについて、女性に教えてもらいました。

ニンニクを食べたあと

・「ニンニク料理を食べた後のキス。ニオイが凄くてちょっとイヤだった」(33歳/不動産/専門職)

・「食事をした直後でニンニクのニオイがした」(34歳/金融・証券/営業職)

ニンニクが入った料理の後のキスは、さすがにくさくて遠慮したいですよね。お互い同じものを食べていたとしても、なるべくキスは避けたいものです。

口臭がする

・「口がくさかったからイヤだった」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「口臭がするキスが一番不快」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

相手から口臭が漂ってくると、キスする気持ちも一気に失せてしまうもの。どれだけムードを作ってくれていても、口臭がした時点でアウトですよね。

歯並びが悪くて痛い

・「歯並びが悪くて、痛かったこと」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「元カレとのキス。女性経験が少なく、出っ歯だったため、元カレの歯と自分の歯に唇が挟まれ、痛かった」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

歯並びの悪い相手だと、キスしたときに歯がぶつかったり、口を切ってしまうこともありますよね。痛みが走ると、気持ちも冷静になるため、キスどころではなくなりますよね。

強引にされる

・「無理やりされたキスは不快だった」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「人前で強引にされたキスはいくら好きな人であってもイヤだった」(32歳/自動車関連/技術職)

こちらの気持ちを考えず、ただ強引にキスされるのは、イヤな気持ちになるものです。本当に自分のことを好きなら、こちらの気持ちをくみ取ってくれそうですよね。

口の周りをベトベトにされる

・「口の周りまでよだれでベトベトにされたキス。全然気持ちよくなく、不快で気持ち悪かった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「口の周りがベトベトになるもの」(33歳/その他/事務系専門職)

気持ちが盛り上がりすぎると、ディープキスをしてくる男性もいるもの。口周りが唾液でベタベタになってしまうと、気持ちも冷めてしまいそうです。

長すぎる

・「呼吸ができなくなるくらいの長々としたキス」(31歳/その他/その他)

・「めっちゃ長くされる」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

愛情をキスで表現してくれるのはうれしくても、あまり長すぎると、息苦しくなってきますよね。最初は盛り上がっていても、だんだん頭の中が冷めてくることも。

まとめ

キスをするときは、やはり最低限のマナーを守ってほしいと思いますよね。お口ケアはもちろんですが、周りに人がいないかなどのチェックや、雰囲気づくりを完璧にしてほしいと望む人も多いのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数103件(22歳~36歳の働く女性)

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE