お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いつも「いい人」で終わる男に足りない5つのこと

ファナティック

ふと見せる表情や仕草から感じられる男性の色気。かっこよさや男らしさとはまた違った魅力を感じさせてくれる部分でもありますよね。でも、残念ながら「ない人にはない」のが色気というもの。今回は、色気のない男性に足りないのは何なのか、女性たちの意見を聞いてみました。

落ち着き

・「落ち着き。男らしい落ち着きは色気を感じる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「動作の落ち着き具合。色気のある人は余裕があるから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

何が起こっても慌てない落ち着き。男性の色気は落ち着きから生まれるものなので、色気のない人には落ち着きがないという女性もいるようです。確かに、いつもバタバタ慌てているような人には色気の欠片も見られませんよね。

筋肉

・「色気のある男性は鍛えていて、無い人は鍛えていない引き締まっていない」(24歳/その他/営業職)

・「筋肉があるかないか。筋肉があると色気があると思うので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

男らしい引き締まった体は、男性の頼りがいや包容力を感じられるパーツ。その男ならではの部分から色気が出てくるのではという意見も。鍛えた体の男性を見ていると、セクシーな気分にさせられますよね。

余裕

・「人間的に余裕があるか否か。余裕から色気を感じると思う」(33歳/不動産/専門職)

・「余裕があるかどうか。余裕があって自分に自信がある人は色気も出てくるから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

時間やお金の余裕、人間的な余裕がある男性は自分にも自信がありそうで、そこからほのかな色気も感じられそう。でも、大人の余裕が醸し出せるくらいの年齢になるだけでなく、気持ち的にも大人にならないと男の色気は出なさそうですよね。

女性に対する免疫

・「女性に対しての態度。オドオドしているか、堂々としているか」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「女性に対して免疫があるかないか。女性慣れしている人は余裕があるから色気もある」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

女性と一緒にいてオドオドしてしまう人は、どんなにイケメンでも色気を感じられなさそう。逆に女性に対する免疫ができるくらい、女性慣れしている男性の堂々とした姿は男の色気が出ていそうですね。

清潔感

・「清潔感がある。ファッションや身だしなみに気を使ってる」(26歳/その他/販売職・サービス系)

・「オシャレで身なりを清潔に整えている男性には色気を感じやすいと思う」(25歳/その他/専門職)

高い物を身に着けるというのではなく清潔感を感じさせるオシャレができるというのも、男性ならではの色気を感じさせるポイントかも。身だしなみに気を使えないような人には、女性もときめきを持てませんよね。

まとめ

色気というのは目で見てわかるものではないだけに、どことポイントを絞ることは難しそうですが落ち着きや余裕にかける人からは色気を感じられないのは確かなことかも。人を気遣える余裕、自分に手をかけられる余裕。それがあってこそ、色気がにじみ出てくるのでしょうね。女性の色気とは少し種類が違うものの、色気を出すためのポイントは男性も女性もそれほど大きな差はないかもしれませんね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月12日~10月21日
調査人数:133人(22歳~34歳の女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE