お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

即サヨナラして!! 付き合うとダメになる「サゲ男子」の特徴・6

ファナティック

一時期、男性をダメにする女性のことを「さげまん」と呼んでいましたが、付き合った相手をダメにするのは女性に限ったことではありませんよね。彼といることで自分が不幸になってしまうという男性もいるもの。今回は「サゲ男子」だと思う人の特徴について女性に聞いてみましょう。

だらしない

・「だらしがない人。時間やお金にルーズだと考えてしまう」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「お金を借りに来る男。お金にだらしない男は下げてくるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

時間やお金にルーズな男性はそれに引きずられて自分自身もダメになりそうだし、何よりも迷惑をかけられそう。デートに遅刻してくる彼や簡単に借金できる彼は要注意ですよね。

めんどくさがり

・「愚痴ばかり言っている。めんどくさがり」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「めんどくさい。やる気ない。こっちが頑張ってるのに、『何頑張っちゃってるの?』が口癖な人」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

努力するという姿勢が全く見えないめんどくさがり屋な男性。自分だけが怠けているのならいいけれど、頑張っている人を否定したりバカにしたりするようでは、将来も期待できなさそうだし、自分が頑張っているのもバカらしくなりそうですね。

ネガティブ思考

・「後ろ向きな発言が多く、自分に自信がない。さらに、愚痴の多い男は仕事もまともじゃなく要領も悪い」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「自分に自信がない人。向上心がないと一緒にいてもつらい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

謙虚で控えめなのを通り越してネガティブ思考の男性とは、一緒にいるだけで自分も暗い気持ちになってしまうかも。否定的な発言が口癖になっていると、チャンスもつかめませんよね。

何でも頼ってくる

・「家事を全くやらない。やってあげてしまって負担になりそう」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「何かと自分を頼ってくる男性はサゲ男子だと思います」(32歳/その他/その他)

家事は全部母親に任せきりだったという男性は、一人暮らしをしても何もできず彼女に頼りっぱなしになりそう。自分から好きで世話を焼くのはいいとしても、何もかも頼られると男性もダメにしてしまうし、自分の負担も大きすぎますよね。

何でもやってくれる

・「何でも先回りしてやってくれる男性。それが当たり前になってしまうと自分から動かなくなりそうだから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「何でもかんでもしてくれる人。特に料理、洗濯、掃除、何でもしてしまう人といたら何もしなくなると思う」(27歳/医療・福祉/専門職)

気が利くなとも思うし、有り難いなと感謝もするけれど男性が何もかもをしてくれると自分自身が成長できなさそう。自分でできることまで彼に先回りしてされてしまうと、そのラクさから抜け出せなくなりそうですよね。

束縛する

・「元カレが私と以外予定を入れない。というより、仕事がない日は自分と過ごすのが当たり前だと思っている。私が予定を入れると怒られ、友達と疎遠にはなるし、仕事ではミスが増え、ストレスになり負のループに陥った」(26歳/生保・損保/営業職)

・「干渉したり束縛したりしてくる。自分の行動が制限されて窮屈な思いをするから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

大好きだからこそ一緒にいたいし、どこで何をしているのか気になる。でも、束縛されすぎるとそれが負担になりそうだし、ストレスでほかの面にも影響が出そう。お互いの時間を大切にできない関係は、長続きしなさそうですよね。

まとめ

付き合うことでお互いに幸せを感じられたり、2人とも成長できるような関係が理想的なカップル。どちらかが相手に悪影響を及ぼすような付き合い方は、いくら好きでも考え直した方がいいかも。付き合い始めてから気づくと、好きだからと許してしまうということもあるかもしれませんが、結婚前に「この人で大丈夫なのか」と冷静に考える時間を持つことも必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~35歳の働く女性)

 

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE